洋館

2021年4月 2日 (金)

上京区の洋館

建築士事務所協会へ用事で行くとき毎回道を変えている。10分くらいの距離だけどいろいろ発見があっておもしろい。今回はこんな石貼りの洋館を見つけた。

石の厚みが10センチくらいなので石貼りだと思った。中身は木造だと思うがひょっとしたら鉄筋コンクリート造りだろうかね。違うよね。という逡巡を重ねながらボヤーと建物を見上げる時間が好きだ。

窓がモダンなので昭和5年くらいだと思う。入り口が大正時代風のマンサード屋根風なのはなぜか。赤い屋根がかわいい。丁寧に修理されており大切にお使いなのが分かる。
Img_0604
2021.03.31、京都市上京区

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

鞍馬口の洋館の現存を確認

わたしが京都の住宅10選を選ぶとすれば先の鈴木邸と並んでぜひ入れたい。建築家山田醇の設計のようにも見えるが山田醇が京都にあるとは聞いたことがないので違うのだろう。民芸風にも見えるしアメリカ屋あたりの設計にも見える。いずれにしても個性的な住宅だ。昭和5年ほどの竣工に見えるが戦後すぐあたりまで下るかも知れない。 詳細不明ながら大事にお使いになっているようすがうかがえてうれしい。

Img_8520 
Img_85192
2020.08.21、京都市北区小山

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

北大路の洋館の現存を確認

北大路の大谷大学まわりは昭和初期の洋館がいくつか残っているので歩いていて楽しい。ここもきれいに修理が行われていて良好な状態で残っているのがうれしい。うれしいと思われていることはご存知ないだろうが。

Img_8514 
2020.08.21、京都市北区小山

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

石橋の洋館を見てきた

 前から気になっていた洋館を見に行った。戦後のものに見えるが昭和10年ごろかも知れない。手前の応接間の破風の下端がスパニッシュ風に切り抜かれていて素敵だ。写真では見づらいかも知れないが主屋の母屋が丸と角が入り混じっている。内側から見えるところは製材したものを使い見えないところは未製材のものを使っているわけだ。こういう仕様は和風の大工さんのやりかたのように思う。石橋には和風中心だが洋館も手掛ける工務店があったということかも知れない。

Img_7226
2020.01.02、大阪府池田市石橋

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

山科文化教室

 山科へ行ったので前から気になっている建物の写真を撮ってきた。きれいにメンテされていて文化教室としてお使いのようだ。住宅としては背が高いので最初から教室だったのかも知れない。右側が増築なのが見て分かる。今は玄関が左側にあるが元は増築部分にポーチ付きの玄関があったのかも知れない。見たところ昭和初期のもの。オイルステンの下見板張りと赤い釉薬瓦のコントラストが美しい。

Img_7030
2019.11.22、京都市山科区竹鼻堂ノ前町

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

豊中の洋館

 昭和5年ころか。よく手入れされていて状態がよい。木製建具がアルミサッシュに入れ替わっていないあたりに建物への熱い想いを感じる。2階正面に丸い小窓しかないデザインはとても珍しい。

Img_64492
2019.08.25、大阪府豊中市

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

通りすがりの洋館「みなくちみんなの家」

 東海道を車で走っていた。かみさんに何かありそうやな、と言ったとたんにこれがあってあわてて車を停めた。詳細は調べていない。昭和5年くらいかな。きれいに修理されていて幸せそうだ。

 

 

Img_3533 2018.08.25、滋賀県甲賀市水口町

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

関大前の洋館を見に行った

Img_24611

 

 関大前駅のホームから南出口へ下りる階段の手前でいつも洋館が見える。

 

Img_24612

 

 電車からは見えなくて、ホームのこの位置からだけ見える。見えますか?

 

Img_2463

 

 前から気になってたが先日時間があったので寄ってきた。戦後すぐくらいの建物に見えたが、ひょっとすると古いものを戦後改造したのかも知れない。もう空き家になっていた。

 

Img_2465

 

 妻側のデザインが出色で、独自の日本趣味という感じ。アーカンサスの懸魚を初めて見た。

 

 このあたりは戦前の洋館がまだ残っていて歩いて楽しい町である。この近所の豊津の公会堂も見にいきたい。

 

Img_2466 2018.04.25、大阪府吹田市関大前駅

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

中京区の洋館

Img_2313

 

 気合の入った洋館があった。今まで気が付かなかった。隣が駐車場になったのでよく見える。ドイツ壁にユーゲントシュテール調のアイアンワークの腰掛窓などディテールが素晴らしい。中もさぞかしすごいのだろう。

 

 帰って調べたら近代化遺産リストに載っていた。アメリカ屋だそうである。さすがアメリカ屋である。

 

 

Img_2320

 

Img_2321

 

Img_2322 2018.03.25、京都市中京区

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

洋館を見つけた(2)

 ちらっと見えたので路地に入ってみた。下見板張りの立派な洋館だ。なぜこんな奥まったところにあるのかさっぱり分からない。分からないということは、探せばもっとあるかも知れないということだろう。このあたりは昔風の庶民的ないい感じの界隈なのでまた歩いてみたい。 

 

Img_9147 2017.03.22、京都市西京区大将軍

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)