日常の風景

2024年4月 8日 (月)

桜まんかい

きょう一日で満開になった。スパークリングワインの泡が音を立てて弾けるように咲き誇っている。

Img_0176 
2024.04.06,京都府向日市

| | コメント (0)

2023年5月29日 (月)

マンション上に宇宙が見えた

マンションの駐輪場の上に月と金星が見えた。月齢は4.8。まだ宵の口なので空が群青色だ。直接宇宙をのぞき込んでいるような不思議な気分がした。

Img_6442_20230529075101
2025.05.24、京都府

| | コメント (0)

2023年5月24日 (水)

つや消しをしない塗装は光る

塗料につや消し剤を入れない方が塗膜は強い。建築系のひとはすぐにつや消し剤を入れたがる。でも私はできるだけ入れないほうが良いと思っている。そのほうが塗膜は強いし、なによりよく光る。この地下道の塗装はつや消し剤を入れていない。土木系に人はたいがい入れないのだ。地下道にに降り込んだ光が強い塗膜に反射して明るい。とてもよい眺めだと思う。

Img_6319
2023.05.15、阪急京都線西向日駅

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

全力の桜

電車を待ちながら満開の桜を見た。枝いっぱいに花を咲かせた桜は力強い。いつもの駅が違う世界のように見える。満開の桜が異世界を全力でパーンと弾けるように召喚したようなすごみがある。そんな気がした。

Img_0603
2021.03.31、京都府向日市

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

二度見する風景

いい感じの路地があった。波型のプラスチック板で覆われているので影のない薄明りに包まれている。しかもプラ板が変色しているせいで光が黄ばんでいる。光に色がつくことなど滅多になくて珍しい。いったん通り過ぎたのだが、あれーと思って引き返してしばし見とれていた。

Img_06372
2021.04.06、京都市

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

水のなかにも空がある

波が静かで夕暮れが鏡のような水面にも映っていてとてもきれいだった。水面があることで天地がひっくりかえって見える効果はとてもおもしろい。

Img_0632
2021.04.02、大阪府岬町小島漁港

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

夏は水路のなかに

この水路は空がきれいに映っていることが多いとっておきの場所だ。水面ではコントラストが高まるようで実際よりもはっきりものが映る。今年は雨が多かったがようやく夏らしい空が映りこむようになった。「雲の通ひ路吹き閉じよ」という歌を思い出した。

Img_8497
2020.08.15、京都府向日市

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

ひとときだけ明るくなる玄関の日常

 風を入れるために扉を少し開けている。夕方になるとそこから西日が指し込んで明るい。いつもは暗い玄関がほんのひととき輝くように明るくなることは何かとても良いことのように思える。こうしたささやかな変化を楽しむことが暮らしというものなのだろう。

Img_6543
2019.09.18、自宅

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

自宅マンション廊下の日常風景

 廊下に陽の光と影が落ちていると気分が高揚する。普通のマンションの普通の開放廊下がロマネスク寺院の回廊のようなとても良いものに思える。光と影を踏みながらゆっくり歩きながら、この高揚感は誰にも共有されないまま忘れられていくのだろうという寂しさも覚える。でも、忘れられたっていいじゃないか。今この廊下を歩く楽しさを楽しめ。

Img_7559
2016.06.21、自宅マンション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

庭が緑色に輝いている日常風景

 きのうセミが鳴いていた。フライングかも知れないが空はもう夏の色だ。陽射しが厳しくなったためか、午前中の庭がまぶしいほど明るい。部屋の中まで緑色の光線が紛れ込んでくる。美しさは日常に潜んでいる。

Img_7616
2016.07.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧