パース塾

2017年12月13日 (水)

英国の水車小屋

 パース教室は受講生が描きたいものの写真を持ってくる。今回はイギリスの水車小屋だった。18世紀のもので今売りに出ているらしい。水車は軸だけがの残っており車は無かった。なかなか興味深い建物で、みんながおもしろいものを見つけてきてくれるのが楽しい。

Img_1449
2017.12.11、ワトソン紙A4、2Bシャーペン0.5、透明水彩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

五龍閣のパース

 武田五一設計の五龍閣(湯豆腐の順正、清水店)で来年講演会を張るので、そのポスター用に描いた。描いてみると分かるが想像以上の複雑さで、武田はいったい何を考えていたんだろうと妄想が膨らむ。

 講演会はまだ発表していないが、来年1月13日(土)「武田五一と和のすまい」と題して、石田潤一郎先生と西澤英和先生を講師にお願いしている。予定しておいてほしい。


Img_1145
2017.10.23/A4画用紙、0.5シャーペン2B、透明水彩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

ダルメインの館を一点パースで描いた

 最近のパース教室は生徒さんが自分の描きたいものの写真を持ってくる。きのう描いたのはこれ。イギリス湖水地方ダルメインの館だ。これで30分くらい。

 見てのとおりの新古典主義でゴシックリヴァイバル以前の建築かも知れない。正方形4つを並べた立面で、窓は1:2になっている。描きながらわたしは山本治兵衛の建築を思い出した。彼の実直な建築がわたしは好きだが、それに通じるものを感じる。

Img_9912


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

プラハの聖イジ―教会を描いた

 生徒さんが描きたいと言って持ってきたのがこれ。外観はバロックなんだろうけど、とてもカラフルで、なおかつ古典にはない土着的と思われる不思議な意匠が満載だ。特に右側の丸い瓦屋根のシルエットがエキゾチックでおもしろい。教会前の広場もよさそう。広場に立ってスケッチしたら楽しいだろうな。

170410
2014.04.10/画用紙、4Bエンピツ、透明水彩/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

レヒネル・エデンの地質学研究所を描いた

 生徒さんが持ってきた写真はレヒネル・エデンの地質学研究所だった。ブタペストのアールヌーボーだが、わたしはこの建築家のことを全然知らなかった。検索してみて初めて分かった。全面にタイルを貼りまわしたとてもよい建物で、中もさぞかしいかすだろう。行ってみたいなよそのくに。ちなみにハンガリーのブタペストである。

Img_9058
2017.03.13/クレスタ―水彩紙A4、2Bシャーペン0.5、透明水彩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

水面を描いてみた

 前回と同じ写真から起こしている。湖畔にあるのだが、生徒さんが水面を描きたいというからやってみた。パースで水面を描いたのは初めてだ。水平線を入れるだけでそれらしく見えることが分かった。これから水面の描きかたをちょっと研究してみようと思った。

20170213
2017.02.13、ホルバインウォーターカラースケッチブックA4、シャーペン0.5、透明水彩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

実は逆向きに描いている

 言っておくが、これは上下反転して描いている。向いに座る生徒さんに見やすいようにだ。慣れれば逆向きに描くのはさほど難しくない。説明しながら描くので時間がかかるが、いつもだいたい1時間半くらいで終わる。残りの時間はビールを飲んで雑談している。

170130
、パース教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

写真からパースを起こす

Img_8887

 最近は生徒さんが描いてみたい写真を持ってきてくれるようになった。初見の題材を2時間で描けるかどうか分からないので、なかなかスリリングで楽しい。今回はフランスのシャトーだった。とりあえず平面と立面を起こして二点パースで描き起こした。右側の塔と左側の居館の軸がずれているの、それぞれ2消点を別々に設定した。多消点パースは描くのは初めてだったが、なんとなく様になっている。生徒さんも2時間で描き終ったので良かった。

Img_8889
2017.01.30、京都建築探偵塾パース教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

二点パースのおさらい(4)空想建築もうひとつ

 これも空想建築。お城のイメージ。お城は好きなのでもっと描きたい。

 これまで二点パースは簡易法を教えてきた。簡易法は2点あるはずの消失点をひとつで済ませるやり方だ。この夏に兵庫県の但馬でパース教室を開いたとき本当に2点置いて描いてみた。ちょうどA4用紙を2枚繋ぐとちょうど良いことが分かった。わたしもこれまで本当に2点で描いたことが無かったが案外簡単に描ける。それ以来、二点パースはこの方法で教えるている。今期の摂南大もこれでやってみた。教えやすいし学生さんも普通に描いてくれる。なにより描いている自分がおもしろい。空想建築はまだまだ続くよ。

161024
2016.10.24、パース教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

二点パースのおさらい(3)空想建築を描いてみた

 最近はパースを描いて色を付けるところまで2時間でやっている。みんな慣れてきたので1時間半くらいで描きあがる。わたしも質問に答えたりしながら1枚描く。ふつふつと空想建築が湧き上がってくるのがおもしろい。

161017
2016.10.17、パース教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)