パース塾

2018年10月11日 (木)

ポスターを描いた

 わたしの描いたポスターが京都の地下鉄に張り出されている。清明上河図(せいめいじょうがず)をまねてみた。今月いっぱい掲示されているのでご覧ください。特別公開の詳細は下のホームページを参照のこと。わたしもスライドショーをする予定。

櫻谷文庫特別公開 https://www.kyoto-kenchiku.com/kosyu/-11.4campaign.pdf


Img_3932


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

安土城復元を考えてみた

 山本兼一の「火天の城」を読んだところ、安土城はサンピエトロ寺院をモデルにしたとあった。おもしろいので考えてみた。たぶんこんな感じ。湖側から見たシルエットは、おそらくモンサンミシェルのようだったろう。


180924
2018.09.24/ワトソン紙A4、2Bシャーペン0.5、固形透明水彩/安土城

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

一点パースは二点パースと同じなのか?

01

1.一点パースで室内を描くと普通はこうする。消失点がひとつしかないので描きやすい。このような断面のほかにも立面も平面も立体化できるので万能である。


02

2.床を三等分するには水平部分をものさしで測って三分すればよいので簡単だ。


03

3.奥行を三等分するには対角線を利用すれば描ける。この分割法を覚えればたいがいのものが描けるようになる。


04

4.ところが、格子状に分割したマス目の対角線は左右の二点に収束する。つまりこの図は二点パースなのだ。このことに最近気づいたが、なぜこうなるのかわたしには説明できない。不思議である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

一点パースのエジンバラ

 普通の一点パースなのだが、道が曲がっているので消失点が動いていく。なぜ動くのか、わたしには分からない。とても不思議だ。

Img_3007

Img_3110


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

上下2点パースで旧大阪市役所を描いた

Img_2999

 受講生が昔の大阪市役所を描きたいと写真をもってきた。さっそく上下2点パースで描いてみた。なかなかよい建物じゃないか。

Img_2998
2018.07.02、大阪市野田「カットザコーナー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

上下2点パース

 見上げたところをパースで描くとこんな風になる。受講生の持ってきた写真が見上げたものだったので描いてみた。2消点を上下に配置して描いたのは初めてだった。なかなかおもしろいじゃあないか。

Img_2949
2018.06.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

大阪パース教室4回目(第1期最終回)

 少し離れた野田エビス神社の祭り太鼓の練習が聞こえてくるほど静かだ。それぞれ自分のパースに没頭している。ほんとにみんな熱心だ。こうやって静かに自分の表現と向き合う時間は貴重だと思う。それぞれ大胆だったり繊細だったり自分の線を発見しつつあるのが傍から見ていておもしろい。自分の線が見つかるとめきめき実力が上がるだろう。

 建築家矢部さんのカットザコーナーをお借りして始めた大阪パース教室だが、夏場のここは途方もなく暑いらしい。そこで2ヶ月の夏休みを設け10月から再開することにした。大阪パース教室第2期もよろしく。


Img_2994
2018/07/02、大阪市野田「Cut the Corner」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

大阪パース教室の3回目

 各自がパースで描きたいものを持ち寄るという方式でやっている。特にないひとは自分でモデルを作ってパースの練習をする。きのうは中之島公会堂内観、日銀本店、イスタンブールの階段の坂と自分モデルがひとりだった。みんな慣れてきたようでガシガシ描いている。楽しそうでなによりだ。


Img_2760
2018/06.05、大阪市野田「Cut the Corner」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

パース教室大阪支店の2回目を開いた

 5名がそれぞれ描きたいものの写真等を持参しパースに起こした。古建築の外観、近代建築の内観、パリの街角などバラエティに富んでいる。個別指導が前提となるので教えるほうは手間が増えるが、自分の描きたいものを時分で見つけることも大事な勉強だと思っている。2時間で着彩まで行う。まだ始まったばかりだが、次第に個性化しているのが楽しい。会場は建築家矢部達也氏の運営するまちの縁側「CUT the CORNER」をお貸りしている。体験無料なので興味あるかたは遊びに来てほしい。

教室のホームページ http://tanuki.la.coocan.jp/tanteitop.html

Img_2634
2018.05.07、大阪市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

パース教室で「パラッツィオ・デル・テ」を描いた

 単純な構成ながら描いてみると結構めんどくさい。ここまで描くのに1時間半もかかった。篠山紀信・磯崎新著「建築行脚」の1冊を受講生が古本で見つけて持ってきてくれた。こういう本があるということも、こういう建築があるということも恥ずかしながら知らなかった。パース教室って本当に勉強になるな。


Img_2360
2018.04.02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧