自家弁当

2017年5月15日 (月)

自家弁当 170515

 建築学校の遠足で行ったリトルワールドでお弁当にした。久しぶりの弁当である。鶏肉の醤油漬けがたくさん入っていたがチャーシューに似た味でうまかった。近所の農家で買ったスナップエンドウもプクプクでうまかった。天気がよかったので外ごはんが楽しい。

Img_9575
2017.05.15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

自家弁当 170301

 かみさん展覧会の搬入を手伝ったので、まかないとして弁当をいただいた。鶏肉の照り焼きがごはんの上にふんだんに載せられている。添えられた菜の花の少しばかりの苦味が照り焼きの甘からいタレの風味を引き立ててうまかった。

Img_9024
2017.03.01、京都市四条縄手「空鍵善」にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

自家弁当 170125

 同女の授業が終わった。やれやれとお弁当を開く。ここはひとりになれるから落ち着く。自家製チーズハンバーグのしたたる肉汁の旨みが利いている。ごはんには紅ショウガと御所エビの佃煮。辰野の醤油で炊いたという甘辛い佃煮がうまくてごはんがすすむ。兵庫県室津の炭屋のもので化学調味料を使わない、今どき珍しい本物の佃煮である。

Img_8839
2017.01.25、同女にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

自家弁当 170113

 半熟玉子の醤油漬けがトロトロでうまい。三度豆のベーコン巻は脂の乗ったベーコンの燻製の香りがシャキシャキした三度豆のわずかな苦味と響き合ってうまかった。摂南も今年最後の授業である。

Img_8781
2017.01.13、摂南大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

自家弁当 170111

 新聞を読むクセがなおらない。この時間は部屋にひとりなので誰気兼ねなく食事ができるのだが、机の上に必ず新聞がある。4つにたたんであるが、それでも見出しのいくつかは見える。気になってしようがない。で、手に取るともうそこから隅々まで読んでしまって食事がおろそかになる。途中で気づいて新聞を投げた。やはり食事中にボゥと目をやる景色とか花とか何かが必要かも知れない。

Img_8780_2
2017.01.11、同女にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

自家弁当 170110

 学食のロビーでいただいた。噂話の飛び交う講師室よりよっぽどいい。ロビーには200名くらいがいて弁当を広げたりカップ麺をすすったりしている。レポートを書いたり本を読んだりしている学生さんもあってえらいなぁと思った。米沢穂信のミステリー「氷菓」の「きっと十年後、この日のことを惜しまない」というセリフを思い出した。

 ニンジンのグラッセがいつもより甘くで驚いた。噛んでいるうちに旨みが出てうまい。黄色いのは玉子焼きではなくポテトサラダだ。サツマイモだったっけ、ちゃんと説明を聞いていなかった。ケチャップのがチーズ載せハンバーグで、本日のメイン。なぜか最後にいただいた。なぜだろう。多分チーズが載っているので箸で割るのがめんどくさかったからだ。食べる順番でものぐさ度が測れるかも。

Img_8775
2017.01.10、関大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

自家弁当 170106

 初弁当。ホイル包みはささみ肉のチーズ焼きで薄味だけど鶏の旨みとチーズの塩味がよく馴染んでうまい。ブロッコリーは近所の農家のもので新鮮野菜らしい甘さがある。お煮しめはお節の残りでかみさんが実家からおらってきたもの。出汁が良く染み込んで優しいあじわい。

Img_8770
2017.01.06、摂南大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

自家弁当 161221

 誰もいない講師室は心置きなく食事ができるのがうれしい。食欲とは多分に精神的なもので、気持ちを食事に集中させて初めて満足感が得られる。集中するとは自分ひとりになることだから、最初から誰もいない部屋はありがたいわけだ。ささみのチーズ添えがシンプルな味わいでうまい。ニンジンとジャガイモはカレーの残りものだ。味がよく染みわたってうまかった。今年最後の弁当である。ごちそうさまでした。

Img_8697
2016.12.21、同女にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

自家弁当 161214

 誰もいない講師室はなごむ。心置きなく食事に没頭できるのがうれしい。半熟玉子の醤油漬け、茹でブロッコーリー、もやし炒めなど好物が並ぶ。パプリカと豚肉の炒め物もうまかった。30分くらいかけてゆっくりいただいた。いつまでも食べていたい。

Img_8647
2016.12.14、同女にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

自家弁当 161213

 半熟玉子の醤油漬けが格別の旨さだ。かみさんは失敗して半熟になってしまったと言うが、これは固ゆで玉子とは別ものだ。ぜひ半熟でお願いしたい(固ゆでも好きだが)。他に特筆すべきは茹でたブロッコリーである。独特のさっぱりとした味わいがとてもよい。そしてさらに地味だがモヤシのカレー粉炒めがうまい。これをシャクシャク食べていると、ハムスターがもくもくとヒマワリの種を食べている気持ちが分かる。噛みごたえも味のうちなのだ。ごちそうさまでした。

Img_8643
2016.12.13、関大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧