自家弁当

2019年12月19日 (木)

自家弁当 191218

 奈良の道の駅で買ってきた干しシイタケが甘く煮含められてうまい。奥のアルミホイルはカボチャと野菜のマヨネーズチーズ焼きだ。野菜の旨みが染みわたっていてうまい。

Img_7167
2019.12.18、同女講師室にて

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

自家弁当 191217

 チーズハンバーグがほどよい塩味でごはんとよく合う。添えられたズッキーニが薄味で味わい深い。筑前煮はシイタケ出汁が全体にしみわたっていてうまかった。

Img_7165
2019.12.17、関大講師控室にて

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

自家弁当 191212

 優しい甘さの玉子焼きがケチャップの尖った酸味とよく馴染んでうまい。カレー風味のささみはパサパサした食感でよく噛んでいただくとおなかいっぱいになる。ごちそうさまでした。

Img_7146
2019.12.11、同女講師控室にて

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

自家弁当 191210

ほろりととれるサバの身に薄い塩味がよくなじんでごはんとよく合う。近所の農家販売所で売っていたというサトイモのチーズ焼きは中身がトロトロでうまい。はんとよく合う。

Img_7144
2019.12.10、関大講師控室にて

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

自家弁当 191204

 きんぴらレンコンはみりんと醤油で味付けしたそうだ。シャキシャキした食感にさっぱりとした醤油味がよく合ってうまい。定番の玉子の醤油漬けは黄身がトロリと溶ける醤油味でこれもうまかった。

Img_7113
2019.12.05、同女講師控室にて

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

自家弁当 191202

 里芋は自宅前の農業倉庫で買ったもの。芯までトロトロに煮溶けてタコの旨みが染みわたっている。これぞ体を温める冬の味だ。奥は鶏団子のケチャップ和え。鶏ミンチの噛み応えとケチャップの酸味がよくなじんでうまい。

Img_7111  
2019.12.02、関大講師控室にて

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

自家弁当 191120(設計図付き)

 夜中のキッチンで自家弁当の設計図を見つけた。かみさんはこれを見ながら弁当を詰めるらしい。いつもありがとう。

 ほろっと身のとれる銀シャケが甘塩でスグキの酸味とよく馴染んでごはんが進む。ハンペンのベーコン巻きはふわっとした食感と焦げ目の入ったベーコンの堅さとのコントラストが面白い。奥の厚揚げはミソ味でなにげにうまかった。

Img_6923
2019.11.20、同女講師控室にて
Img_6922

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

自家弁当 191115

 いただきものの高級ハンバーグが主役だ。よく味わって食べる。コクのあるデミグラスソースが肉汁の旨みとよく馴染んでうまい。肉が無くともソースだけでごはんが食べられるのではないか。赤カブの浅漬けがあっさりした酸味でハンバーグの味わいを引き立てていた。

Img_6898
2019.11.15、摂南大講師控室にて

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

自家弁当 191113

 里芋の煮つけにイカの旨みが染みわたっていてことのほかうまい。シイタケの含め煮は中からあふれ出す甘辛い出汁が口のなかに広がって幸せである。

Img_6883
2019.11.13、同女講師控室にて

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

自家弁当 191112

 玉子焼きのコクのある薄味を塩昆布や柴漬けの濃い味が引き立ててごはんがうまい。ジャガイモと人参のクリーム煮は溶け込んだ玉ねぎの旨みが染みわたってうまい。

Img_6862
2019.11.12、関大講師控室にて

| | コメント (0)

より以前の記事一覧