ごはん(グルメットたぬき)

2018年4月 3日 (火)

丸玉食堂「中華丼」

 まいまい京都で神戸を歩いた。腹ごしらえは高架下の丸玉食堂。ここのステンレス板張りのカウンターで食べる中華丼がうまい。肉はモツである。うますぎる。


Img_2355
2018.04.01、神戸市元町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

カフェ・サラオ「大人のチキンライス」

「こんな料理がどこかの国にあるのですか?」
「いえ、ありません」

 オリジナルなのである。チキンの丸焼きの肉と皮のあいだにごはんが詰まっている。パリパリの皮に鶏の旨みの染み込んだ少し堅めのごはんがよく合ってウマウマである。

 季節に応じたソースが数種ありこれはタマネギとトリフのソース。ガーリックが利いて柔らかい鶏肉の味わいを引き立てている。


Img_2308
2018.03.21、地下鉄京都市役所前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

てうれ「札幌味噌ラーメン」

 鴨東教会の長期修繕計画を作っている。今日は設備機器の調査でお邪魔した。調査はすぐに終わったので近くの
四川料理屋へ行こうと歩き始めたが「てうれ」の前を通ったときに思わず入ってしまった。特に考えもなかたが、ここはやはり札幌ラーメン保守本流である味噌ラーメンを発注した。

 ここの味噌ラーメンは薄味だけどコクがある。実はこの店でもっともうまいのは味噌さえ加えていない醤油ラーメンだと思っている。まじめなスープがうま過ぎる。おそらく京都中のラーメン店のベストフォーに入るうまいラーメンだと思っている。


Img_2155
2018.03.08、京都市左京区茶山、札幌ラーメン「てうれ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

ミッフィーチョコをもらった

Img_1946

 ミッフィーチョコをいただいた。箱がミッフィーカラーでとてもかわいい。中は大判のチョコがみっちり入っていておもしろい。モロゾフの作ったチョコで上品な甘さでおいしかった。

Img_1945
2018.02.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

満月の花「ジャコアジの煮干し」

 熱燗を頼んだらジャコをあぶってくれた。小さいけれどちゃんとアジの旨みがある。それが塩気とよく馴染んでうまい。

 飲んだ酒は丹後半島伊根町向井酒造の「京の春」。すっきりと甘くて、いつまでも飲んでいたい酒である。

 ジャコもこの蔵元からいただいたそうだ。ジャコをかじりながらうまい酒をいただいていると伊根の透き通った海を思い出した。

Img_1869
2018.02.08、京都市四条烏丸、町家カフェ「満月の花」

Img_1867


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

門寿司「サヨリ刺身と握り寿司」

 摂南授業なので最後なので門寿司も今期最後となった。サヨリが銀色でとてもきれいだ。さっぱりとした旨みがあった。〆の握りは2貫づつじゃんけんで決めた。わたしはハムとエビをいただいた。おいしかったです。ありがとう。

Img_1823


Img_1824


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

門寿司「アサリの酒蒸し」

 アサリのコクのあるスープに少しばかりの塩味を利かせて出てくる。おいしいし暖まる。何気なく添えられたネギの辛味とアサリの苦味が響き合って旨さに奥行を与えてくれる。やっぱり門寿司は一流だ。ごちそうさまでした。

Img_1604
2018.01.12、大阪府寝屋川市「門寿司」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

あまの「エビ天入り味噌煮込みうどん」

 初仕事のあとの初外食。年頭のダイエット宣言もなにするものぞとカロリー満点のエビ天入りの味噌煮込みを食した。この見た目の豪華さだけで贅沢感を味わうことができる。

 エビ天はサクッとした衣とプリッとした身の抱き合わせがたまらないうまさだ。アツアツの味噌汁をたっぷり含んだフワフワの衣も大層うまい。「あまの」はさほど塩辛くなく出汁と八丁味噌の合わせ技で魅せるところが興味深いところだ。ごちそうさまでした。


Img_1583
2018.01.05、大阪市梅田ホワイティ「あまの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

神戸南京町で買った「ピータン」

 神戸の中華街・南京町でピータンを買った。土を落とした状態のが6個入ったのをいつも買う。これが一番うまい。珈琲色の透明感が美しい。プルルとした白身ととろけるような黄身の食感のコントラストが楽しい。薄い塩味と玉子の旨みが溶け合って最高にうまい。

Img_15362
2017.12.21、自宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門寿司「シジミのバター焼き」「寿司12貫」

Img_15442

 シジミのバター焼きというものを初めて食べた。アサリくらい大きなシジミだった。シジミは旨みのなかにあるわずかな苦味がさわやかだが、それがバターの香りに包まれて大層うまかった。

 12貫の握りの種類をバラバラにしてもらって、それを4人でジャンケンしながらいただいた。わたしはイクラとシャケとハマチをいただいた。もちろん最高にうまかった。来年もよろしく。


Img_15452
2017.12.22、大阪府寝屋川市大利商店街、立ち呑みの門寿司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧