ごはん(グルメットたぬき)

2018年2月15日 (木)

ミッフィーチョコをもらった

Img_1946

 ミッフィーチョコをいただいた。箱がミッフィーカラーでとてもかわいい。中は大判のチョコがみっちり入っていておもしろい。モロゾフの作ったチョコで上品な甘さでおいしかった。

Img_1945
2018.02.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

満月の花「ジャコアジの煮干し」

 熱燗を頼んだらジャコをあぶってくれた。小さいけれどちゃんとアジの旨みがある。それが塩気とよく馴染んでうまい。

 飲んだ酒は丹後半島伊根町向井酒造の「京の春」。すっきりと甘くて、いつまでも飲んでいたい酒である。

 ジャコもこの蔵元からいただいたそうだ。ジャコをかじりながらうまい酒をいただいていると伊根の透き通った海を思い出した。

Img_1869
2018.02.08、京都市四条烏丸、町家カフェ「満月の花」

Img_1867


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

門寿司「サヨリ刺身と握り寿司」

 摂南授業なので最後なので門寿司も今期最後となった。サヨリが銀色でとてもきれいだ。さっぱりとした旨みがあった。〆の握りは2貫づつじゃんけんで決めた。わたしはハムとエビをいただいた。おいしかったです。ありがとう。

Img_1823


Img_1824


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

門寿司「アサリの酒蒸し」

 アサリのコクのあるスープに少しばかりの塩味を利かせて出てくる。おいしいし暖まる。何気なく添えられたネギの辛味とアサリの苦味が響き合って旨さに奥行を与えてくれる。やっぱり門寿司は一流だ。ごちそうさまでした。

Img_1604
2018.01.12、大阪府寝屋川市「門寿司」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

あまの「エビ天入り味噌煮込みうどん」

 初仕事のあとの初外食。年頭のダイエット宣言もなにするものぞとカロリー満点のエビ天入りの味噌煮込みを食した。この見た目の豪華さだけで贅沢感を味わうことができる。

 エビ天はサクッとした衣とプリッとした身の抱き合わせがたまらないうまさだ。アツアツの味噌汁をたっぷり含んだフワフワの衣も大層うまい。「あまの」はさほど塩辛くなく出汁と八丁味噌の合わせ技で魅せるところが興味深いところだ。ごちそうさまでした。


Img_1583
2018.01.05、大阪市梅田ホワイティ「あまの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

神戸南京町で買った「ピータン」

 神戸の中華街・南京町でピータンを買った。土を落とした状態のが6個入ったのをいつも買う。これが一番うまい。珈琲色の透明感が美しい。プルルとした白身ととろけるような黄身の食感のコントラストが楽しい。薄い塩味と玉子の旨みが溶け合って最高にうまい。

Img_15362
2017.12.21、自宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門寿司「シジミのバター焼き」「寿司12貫」

Img_15442

 シジミのバター焼きというものを初めて食べた。アサリくらい大きなシジミだった。シジミは旨みのなかにあるわずかな苦味がさわやかだが、それがバターの香りに包まれて大層うまかった。

 12貫の握りの種類をバラバラにしてもらって、それを4人でジャンケンしながらいただいた。わたしはイクラとシャケとハマチをいただいた。もちろん最高にうまかった。来年もよろしく。


Img_15452
2017.12.22、大阪府寝屋川市大利商店街、立ち呑みの門寿司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

山本屋本店「スタミナもつ入り味噌煮込みうどん」

 フタ付き土鍋で出てくる。少しずらしたフタの陰からグツグツ煮立っているのが見える。フタを自分で取らねばならない。お手拭きで鍋を掴んではずす。しかし実はフタは熱くはなかったのだ。うまうまと平らげて、落ち着いて店内を見渡すと、驚いたことにみんなフタにうどんを取り分けて食べている。フタは皿だったのだ。そういえばフタのくせに穴が開いていなかった。でも見かけは鍋のフタなのだ。さて、フタ皿を添えるのは名古屋ルールなのか? それとも山本屋本店のルールなのか。今度は違う店へ行ってみたい。


Img_1520
2017.12.18、名古屋市栄中日ビル「山本屋本店」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

新京(梅田地下食道街)「八宝菜」

 新京の字葉っぽ彩はやさいい味わいで大阪梅田かいわいでは絶品だ。とろみが薄味で皿をなめるようにいただける。

 ちなみにちゃんと8種入っている。イカ、エビ、白菜、ピーマン、ネギ、ニンジン、豚肉、キクラゲ。八卦には当てはまらない。紫がないから。

Img_1461_2
2017.12.14、大阪市梅田地下食道街「新京」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門寿司「アイナメ身、握り寿司6貫」

 さばく前に見せてもたっらが、25センチほどあるアイナメだった。アイナメってこんなに大きくなるんだ。大きいだけに切り身も分厚い。コリっとした歯ごたえがあり、白身魚らしい甘味があってうまかった。

 最後は3人で6貫の握りをジャンケンでいただいた。今回はその内3種がサバだった。サバと言っても部位がいろいろあるらしい。わたいしゃサバをひとつとマグロをいただいた。おいしかった。門寿司さんありがとう。


Img_1464

Img_1465
2017.12.15、大阪府寝屋川市、大利商店街「門寿司」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧