空想建築

2017年8月23日 (水)

通りすがりにデザインしてみた

 伊勢丹が撤退してルクアになっていた。伊勢丹のころから思っていたが、この事務所ビルか病院みたいなファサードはなんとかならないか。たとえばヴォーリズ風ならかっこいいのではないかと思ったので描いてみた。ここが流行らないのは、ファサードのせいも大きいと思う。大阪駅は建築計画的にもデザイン上にも大きな問題をかかえている。

Img_0383
2017.08.17、梅田

Img_0381


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

ホワイトボードの落描き(2)

 スターウォーズの予告編は好んで見る。映画そのものはあまり見たことがないがSFは基本的に好きなのだろう。重力は七分の一になれば、建物の形は大きく変わる。どうしてこんな形なのか、そもそもこれは何の施設なのか空想するのも楽しい。

Img_8549
2016.11.11、摂南大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

ホワイトボードの落描き(1)

 授業の合間に描いた。何の建物か分からない。ただの落描きである。描いていくうちに何かが付け加わり姿がどんどん変わっていくのがおもしろい。

Img_8463
2016.11.04、摂南大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

二点パースのおさらい(4)空想建築もうひとつ

 これも空想建築。お城のイメージ。お城は好きなのでもっと描きたい。

 これまで二点パースは簡易法を教えてきた。簡易法は2点あるはずの消失点をひとつで済ませるやり方だ。この夏に兵庫県の但馬でパース教室を開いたとき本当に2点置いて描いてみた。ちょうどA4用紙を2枚繋ぐとちょうど良いことが分かった。わたしもこれまで本当に2点で描いたことが無かったが案外簡単に描ける。それ以来、二点パースはこの方法で教えるている。今期の摂南大もこれでやってみた。教えやすいし学生さんも普通に描いてくれる。なにより描いている自分がおもしろい。空想建築はまだまだ続くよ。

161024
2016.10.24、パース教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

二点パースのおさらい(3)空想建築を描いてみた

 最近はパースを描いて色を付けるところまで2時間でやっている。みんな慣れてきたので1時間半くらいで描きあがる。わたしも質問に答えたりしながら1枚描く。ふつふつと空想建築が湧き上がってくるのがおもしろい。

161017
2016.10.17、パース教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

ゴシック塔のようなもの

また会議中に落書きしていた。ほぼ完成している。アニメ「ゴシック」に登場する塔状の図書館。図書館大好き。
Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

ゴシックのアーチ

 ゴシックリバイバルの塔を考えるために、リブヴォールトの組み方をおさらいしてみた。ゴシック聖堂の天井は大樹が枝を広げるようにリブ(筋)が天へ伸びるのが特徴だ。描いてみて気づいたが、わたしは今日までリブヴォールトがどんな形をしているのか全然分かっていなかった。知っているつもりで実は知らないことがここにある。


01_4


 これが基本形だ。ようするにラッパ型の天井が並んでいる。ライトのジョンソンワックス社とよく似た構造だ。これは交差ヴォールトと呼ぶよりシェル構造に近い。このリブヴォールトがさらに複雑になったのが次だ。


02


 とてもおもしろい。基本形の柱を切って吊るしたような形になっている。切断された柱の柱頭部が鍾乳石のようにぶらさがる。基本形ではラッパ型が半分しか見えなかったが、こうすると4分の3ほど見える。ラッパ型をよく見せるために考え付かれたスタイルだろう。

 この形は数式で表現できると思う。ゴシックは思っていたよりずっと理知的で明るいものではないか。今までゴシックは中世的な暗闇だと思い込んでいたようだ。ここにも知っているつもりで実は知らない世界がある。

 おそらくラッパ型は世界の形の象徴なのだろう。東洋ではこれを「天鼓(てんこ)」と呼んで世界の形と考えていた。鼓(つづみ)の両端のラッパ型の部分がそれだ。鼓の片方を打てば、もう片方は打っていないのに振動する。この現象を天と地の関係になぞらえたわけだ。ゴシックのラッパ柱も同様の世界観の表れなのだろう。

 世界を鼓で象徴させたのは音楽と関係がある。音楽こそ世界の秘密を解き明かす方法だと古代東洋人は考えた。そこから「律」という法則を導き出し、それを応用して暦を作った。ゴシックも同じことをしていたのではないか。世界の秘密を音楽を通して解き明かし、その成果を聖堂建築のラッパ柱として表現した。ゴシックとはそういうものなのではないか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

ゴシック塔のようなもの

ゴシック塔の構造を決めた。骨組みが決まると、とたんに楽しくなる。
Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

ゴシック塔のようなもの

「こうちゃん」でゴシックリバイバルのディテールを考えている。


Image_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴシックの塔のようなもの

会議中の楽描き。アニメ「ゴシック」に出てくる塔状の図書館を考えている。ビックベンのような正方形平面のゴシックリバイバルではないかと思う。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)