おとくにの動物

2015年11月22日 (日)

ムクドリの大群

 1週間ほど前からムクドリが夕刻大群を作るようになった。どうやらねぐら入りする前に集合しているようだ。ギョロギョロと呼び交わしながら飛んでいる。見ている間に次々と合流して次第に群れは大きく成長する。群れの輪郭が大きく膨らんだり細長く伸びたり自由自在に形を変えるのが見ていて飽きない。

151121gyoro
2015.11.21、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

おとくにの動物 イタチの子

Itachi1309131

 また同じところで見た。じっとカメラを構えていたらチョロチョロッと近づいてきた。人が動いていないと気付かないのだろう。おバカなところもかかわいい。とりあえず名前は「チョロ助」で。


Itachi1309132
2013.09.13、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

おとくにの動物 イタチの子

 朝散歩をしていたら飛んで出てきた。チョコンと座ってこっちを見ている。とてもかわいらしい。セミのようなものをくわえてキョトキョトしている。挙動がおかしいので、たぶん子供だろう。そのうち、たんぼの中へ逃げていった。


Itachi130828
2013.08.27、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

おとくにの動物 シマドジョウ

Dojyo01

 朝の散歩をしていたら、たんぼでドジョウを見つけた。なかなか、かわいい。田に水を入れているので上流から流れてきたようだ。おとくにに20年以上暮らしているがドジョウを見るのは初めてかも知れない。元々ありふれた魚だったが、高度成長期の農薬散布で見なくなった。農地に依存する虫類や魚が少なくなり、それをエサにする野鳥も減っていった。今再びドジョウが見られるということは、次第に元の環境に戻りつつあるのか。それとも別の変化が始まっているということなのだろうか。


Dojyo02
2013.07.26、京都府向日市一文橋あたりの水田にて

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

おとくにの動物 ツチカエル

 たんぼの水が抜かれたためオタマジャクシたちが一斉に小さなカエルになった。歩くごとにそれが跳ね回る。100万匹はいるのだろう。総量1トンのツチカエルがさまざまな動物たちを養っている。水田耕作が里山や山村の生態系のかなめだ。


Tutikaeru
2013.07.13、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

おとくにの動物 ツチガエル

Tutigaeru
2012.09.19、京都府向日市

 体長3センチくらい。完全な光学迷彩だ。わたしは軍曹と呼んでいる。良く見るとアマガエルと同様後ろ脚にゲートルのような縞模様がある。目の上にもちゃんと縞があってゴーグルみたいだ。いったいどんな作戦行動中なのだろうか。そういえば宮沢賢治の話で地図を作っているのはカエルだったか? それともアリだったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとくにの動物 アマガエル

Amagaeru
2012.09.22、京都府向日市

 自転車を出そうとしたら跳んで出てきて、そのままカゴの端でじっとしている。逃げるかどうするか考え中らしい。カメラをそっと近づけて撮ってやった。こいつらは庭で冬越しするので秋になるとたんぼからこっちへ帰ってくる。体長3センチでおなかがプックリふくれている。よく見ると足に縞模様があるんだね。ゲートルを巻いているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

おとくにの動物 シマヘビ

Simahebi
2012.06.15、京都府向日市

 たんぼにヘビがいた。体長1.2メートルくらい。隣りの畑にも同型のものがもう1匹いた。そういえば1日前に15センチくらいの子ヘビも見たな。おまえ誰だよと思って検索したらシマヘビだった。緑色の身体が美しい。身じろぎもせず、じっとこっちを見ている。あっち行けよ、という目をしている。無毒だけど噛みついてくるそうだから、近づいちゃだめだよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)