スケッチ教室

2022年5月 8日 (日)

大阪中央公会堂でスケッチ教室

2時間のスケッチ教室。最初の30分は公会堂を見学した後、ハガキスケッチの実演をした。それが1枚目で、20分くらいかな。今回は部分を正面描きでスケッチした。その後で各自で小1時間ほど描いたのが2枚目。なかなか力作揃いでおもしろい。

わたしはF4のスケッチブックに描いた。これが3枚目で50分くらい。多少ゆがんでいるが構わない。スケッチに失敗はない、というのが師匠の教えだ。

Img_3037 Img_3038 Img_3041
2022.05.07/ヴァフアール紙粗目F4、グラフィックペン0.5、透明水彩/大阪中央公会堂

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

今年度最初のスケッチ授業をした

天気がよくて気持ちよかった。みんなも楽しめたかな。わずか1時間ほどだが各自おもいおもいにスケッチに取り組んでいた。なかなか個性的な作品が集まった。次回講評してみる。わたしも1枚描いた。これで45分。

Img_2923
Img_2921
Img_2922 
2022.04.28、京都建築専門学校

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

養父スケッチ教室はじまった

今年度最初は大藪へ行った。泉光寺は一面のコケが美しい。裏のお庭ではボタンサクラや山つつじが満開だった。よいお天気で気持ちよくスケッチできた。次回は町のほうも歩いてみたい。

Img_2810
Img_2813
Img_28023
2022.04.16、兵庫県養父市大藪

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

近代建築を描くハガキスケッチ教室をはじめた

毎月第1土曜日の午前10時から12時まで。

初日は京都の岡崎公園へ行った。京都市美術館を見学したあと博覧会場門柱をスケッチした。満開の桜のなかで少し寒かったが、楽しくスケッチした。初心者が多かったが、最初からけっこう個性化していて驚いた。次回も楽しみである。

次回からは大阪の中之島公園近辺で描く。最初、近代建築を見歩いて、そのあと小1時間ほどスケッチする。道具はわたしが持っていくので手ぶらでも参加できる。初心者大歓迎。詳しくはカルチャーハウスのHPまで。

近代建築を描くお散歩スケッチ https://culture-house.com/course/61e4c7e8a9defb00291ef6a2

Img_2728
2022.04.02/ワトソン紙はがきサイズ、4Bホルダー、透明水彩 /京都市岡崎公園
Img_2732
Img_2734

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

スケッチは2枚目がいい

スケッチ教室で最初に実演をするが1枚目がこれ。お社の屋根が大きいのは屋根の上にもうひとつ屋根が載っているから。おそらく雪避けなのだろう。そのおかげで大きな帽子をかぶった小さなこどものような愛らしさがある。1枚目にはそれがよく出ている。

しかしわたしがこれを描こうと思った一番の理由はそこではなくて、格子戸の美しさだったようだ。それが1枚目を描いているうちに分かってきたので、2枚目では格子戸を強調して描いてみた。

スケッチの2枚目は何を描こうとするのか目的意識がはっきりするし、それを描こうとするときに工夫もする。スケッチは2枚目のほうがおもしろいと思う。

Img_2322
Img_2321
2021.12.11/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩 /兵庫県養父市養父広谷

| | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

水路のある町でスケッチ教室を開いた

今年最後の養父スケッチ教室を広谷で開いた。町のなかを小さいな水路が縦横にめぐり、流れる水がここちよい音をたてていた。とても良い町である。造り醤油屋が2軒も残っていた。醤油蔵もスケッチしたい。

Img_2331
Img_2326
2021.12.11、兵庫県養父市養父広谷

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

スケッチは2枚目がいい

大工大のスケッチ大会のとき、わたしは絵の具係なので学校前から動けない。そこでしかたなく目の前の風景を描くことにした。

1枚目は何を描いているのかよく分からない。とりとめのない風景のなかにこそ光る宝石はあると信じている。さて、どこに宝石があるのか。

2枚目は建物のすき間に着目している。最初はなんとなく描いていたもののなかに自分の描きたいものを見つけたわけだ。これが宝石である。宝石は2枚目で見つかることが多い。

3枚目は時間つぶしに描いた。2枚目よりもすき間をクローズアップしている。3枚目のほうが2枚目よりも何が描きたかったのかよく分かるな。

4枚目はスケッチタイム終了間際に学生さんが実演してほしいというので描いた。色塗りを入れて15分くらい。これも2枚目を描けば宝石が見つかるだろうが時間切れ。

211125

211125_20211127082401

211125_20211127082402

211125_20211127083001
2021.11.25/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/大阪市、大阪工業大学梅田キャンパス

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

大工大でスケッチ大会をした

大工大ビルの前で絵の具を開いた。だんだんと学生たちが集まってくる。絵の具をおもしろいと感じてくれたならうれしい。スケッチを楽しむ人がもっと増えてほしいと思う。

Img_2273
2021.11.25、大阪茶屋町、大工大梅田キャンパス

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

養父市スケッチ教室で竹田へ行った

天空の城で有名な竹田でスケッチ教室。天気に恵まれ気持ちよくスケッチしてきた。写真は実演のようす。今回は斜め描きのコツをご紹介した。コツと言っても二点パースのことなのだが、パース通りに描くと画面がゆがむのであくまで参考という程度のコツである。実演のあとは各自題材を求めて町へ散る。町を歩きながらのスケッチの時間は2時間だったが、あっという間に過ぎた。とても楽しい。
Img_2263
Img_2262
2021.11.20、兵庫県養父市和田山町竹田

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

スケッチ授業で御所へ行った

京都建築専門学校の授業で2ヶ月に1回ほどスケッチに出る。最近は京都御所に行くことが多い。1時間ほどスケッチにいそしむ。絵の具を広げておくと次第に集まってきた学生たちが懸命に色を塗っている。ほんの数十分でも自分の表現に夢中になれる時間は大切だと思う。授業の目的はスケッチを楽しむことだが、これは建築家・鈴木喜一さんの教えでもある。

Img_2040
Img_2037
Img_2039
2021.10.21/ヴァフアール紙粗目F3 、グラフィックペン0.3、固形透明水彩 /京都御苑

| | コメント (0)

より以前の記事一覧