スケッチ教室

2018年11月18日 (日)

養父市のスケッチ教室最終回

 傘をさして描いたので土壁のところに霧雨がかかって斑点ができた。それもおもしろいのでそのままにしている。養父市大杉は3階建ての養蚕農家の建ち並ぶ集落でとても美しい。前から描きたいと思っていたので、ゆっくり描けてよかった。養父市は美しいところなのでぜひ来年も教室を開きたいと思っている。


181117
2018.11.17/ワトソン紙ハガキサイズ、油性ペン極細、固形透明水彩/兵庫県養父市大杉「養蚕農家」


Img_4543
スケッチ教室の作品でカレンダーを作った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

養父駅でスケッチ教室を開いた

 今月のスケッチ教室は養父駅で開いた。明治41年だそうだ。内装がほぼ残っていておもしろかった。ようやく涼しくなってきて快適だったが、途中から風が出てきて寒かった。今回のみんなの作品は養父市公民館の文化祭に出すことになった。但馬でのスケッチ教室は次回が最終回となる。みんなの作品でカレンダーを作る予定。


Img_4144


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

恒例の摂南スケッチ大会を開いた

 今年で4回目だそうだ。校内で2時間ハガキスケッチをする。芝生広場に絵の具を用意しておくと集まってきて思い思いに筆を走らせていた。そのあと全員分の講評を行った。

 私は学生時代に恩師にハガキスケッチを教えてもらった。今から思えばあれはメールアートだったのだろう。恩師の描線はうにゃうにゃしていた。聞いたこともない土地の知らない教会堂を描いているのを見てあこがれたものだ。ああして教えられなければ私は死ぬまで1枚も絵を描かなかっただろう。先生ありがとうございました。


Img_41022
2018.10.19、摂南大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

京都駅でスケッチ教室をした

 雨だったので京都駅でスケッチした。ここはおもしろいのでまた来たい。ほんの1時間ほどだが夢中になれる時間を持てるのがありがたい。

 スケッチ教室は最初に私が実演をして、その後1時間ばかり各自で自由に描く。そして最後に必ず全員の講評を行うというスタイルで行っている。来月から第6期(10月‐1月)が始まる。日程が決まればお知らせします。


Img_3671

180901
2018.09.01/ワトソン紙ハガキサイズ、油性ネームペン、固形透明水彩/京都駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

【養父スケッチ教室】 庄屋屋敷を描いた

 暑過ぎて頭が働かない。肝心の壁の黄色を塗り忘れていたので講評会のときにこっそり塗っておいた。みんな暑い暑いと言いながら1時間半で2枚ほど描いていた。ここは描きたいところが多くてみんな思わずがんばってしまったようだ。今度は時候のよいときに訪れたい。


Img_3126
2018.07.21/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/兵庫県養父市、大庄屋記念館

 この建物は旧長島家住宅と言ってなかなかのよい古民家だった。斜面にひな壇状の石垣造成した集落で城石垣かと思った。今残っている建物はここだけで、ほかは解体されて石垣だけが樹々に埋もれようとしている。そんな風景がとても不思議でおもしろかった。


Img_3132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

【養父スケッチ教室】 トトロの蔵を描いた

 養父市公民館のスケッチ教室で実演スケッチしたのがこれ。5分くらい線描きを見せた。ぐいぐい描けばいいんだという感じを掴んでもらうのが実演の目的なので、わたしの描き方をまねしないよう言っている。スケッチは個人差が大きいのでそれを尊重したい。

 この蔵は扇垂木になっているのが珍しい。大工さんの遊び心だと思う。壁面が顔になっているのもねらってやったとしか思えない。この町のアイドル的建築である。


1806161
2018.06.16/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

【養父スケッチ教室】 養父市スケッチ教室の2回目

Img_2795_2

 旧街道沿いの元造り酒屋さんの蔵を描いた。トトロの蔵と呼ばれているらしい。これはねらっているとしか考えられない楽し気なファサードをしている。受講生5人のスケッチが早くも個性化し始めているのもおもしろい。

 お天気がよく風が心地よかった。気がつけば1時間半もスケッチしていた。風が気持ちいいと感じられるのはなんとぜいたくなことか。スケッチはぜいたくな時間が過ごせるのが一番いい。


Img_2796_2
2018.06.16、養父市八鹿町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

旧八鹿グンゼの守衛所

 守衛所を使ってハガキスケッチの正面描きを実演した。立面描きともいうが斜め描きよりはるかに短時間に描ける。これで枚数をかせぎながら自分特有の描きかたをつかむことができる。わたしのスケッチもほとんどが正面描きだが、これは超初心者でも描きやすいのでおすすめである。

180519
2018.05.19/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

【養父スケッチ教室】 旧八鹿(ようか)グンゼ事務所をスケッチした

 但馬スケッチ教室で描いた。工場が解体されるときに、ぎりぎりこれだけ残せたそうだ。スケッチしてみるとなかなかおもしろい建物でアールデコの範疇でよいと思う。女工さんに気に入ってもらうために最先端のデザインを施しながらしっかりとした木造に仕上がっているあたり手練れの設計すあであることが分かる。


180519
2018.05.19/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

【養父スケッチ教室】 養父市のスケッチ教室が始まった

Img_2687

 兵庫県但馬の養父市公民館のスケッチ教室始まった。建築士会但馬支部で開いてきたスケッチ会を公民館の事業に移してくれたものだ。

 初回は市内のグンゼの工場跡を描いた。初心者が多かったのでもっとも簡単な正面描きを説明した。全員が1時間で色塗りまで仕上げることができたのでうれしかった。2枚描いた方もあってなかなか気合が入っている。次回も楽しみである。

問い合わせ申し込みは八鹿(ようか)公民館まで http://www.city.yabu.hyogo.jp/3902.htm


Img_2686
2018.05.19、兵庫県養父市

| | コメント (0) | トラックバック (0)