スケッチ教室

2022年12月23日 (金)

ふるさと庵をスケッチした

民家風のフリースペースで中にいろりがある。見かけだけでなく作り方も伝統工法なのがすばらしい。けっこう大きな茅葺きで迫力がある。茅葺が山間の風景によく馴染んでいるのがスケッチするとよく分かる。
22121702
2022.12.17/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市「長寿の里」

| | コメント (0)

2022年12月22日 (木)

寒かったので屋内スケッチ

新築古民家のなかでスケッチ実演。2点パースのルールを応用している。スケッチの左側に消失点のひとつが描かれている。実際はパース法通りにはスケッチは描けない。もっと自由に描いたほうが力のあるスケッチになる。ただし、どう描けば分からないときの参考にはなるので説明しておいた。
22121701
2022.12.17/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市「長寿の里」


| | コメント (0)

2022年12月21日 (水)

新築古民家でスケッチ教室

養父市でのスケッチ教室の今年度最後となった。雪の降りそうな天気だったので午後からは室内でスケッチした。いろりを囲みながら背を丸めて描くスケッチもいいものだ。今期はこれで終わり。来期もよろしく。
Img_45762 
Img_4584
Img_4583
2022.12.17、兵庫県養父市、長寿の里

| | コメント (0)

2022年12月 6日 (火)

スケッチ教室で伏見稲荷へ行った

メンバーが千本鳥居を見たいというので伏見稲荷へ行った。赤いトンネルのような千本鳥居を抜けてコダマ池に出た。ここは古代の溜池で取水口のところに熊鷹社が祀られている。人出が多かったので溜池の土手の端まで行ってそこでスケッチした。誰もいないと思っていたらそこは池のコイにエサをやる場所だったようで入れ替わりたちかわり麩をもった人がやってくる。大きなコイも集まってきて群れてエサを食べる水音が響きわたって落ち着かない。そのうち山伏がやってきて耳もとでほら貝を吹き始めた。それに引かれるように観光客も集まってきてさらににぎやかになった。そんななかで描いた。

近代建築を描くお散歩スケッチ https://culture-house.com/course/61e4c7e8a9defb00291ef6a2

221203
2022.12.03/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/京都市伏見稲荷
Img_44232

| | コメント (0)

2022年11月25日 (金)

大工大でスケッチ大会を開いた

幸いにお天気に恵まれた。写真はわたしの開いた絵の具コーナー。入れ食い状態である。楽しそうに絵の具を使っていたのでよかった。各自1時間半ほどスケッチした後で学生100名全員の作品を見た。これだけ多くのスケッチを見ることは一生のあいだでもないだろう。さまざまなスケッチがあることを知ることに意義があると思う。絵はわたしの描いた1枚。

Img_44082
221124
2022.11.24、大阪市北区梅田

| | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

養父スケッチ教室で伊佐を描いた

町角の地蔵堂はきれいに掃き清められ花が活けられていた。ここは出石藩の開発した新田集落だそうだ。開発時の茶室が残っていて外観を見学できた。古い医院建築の前で斜め描きスケッチの実演をし、そのあと1時間半ほどスケッチを楽しんだ。お天気もよく気持ちがよかった。また訪れたい場所である。
Img_4390
Img_4399
Img_4395
Img_4387
Img_4388
2022.11.19、兵庫県養父市八鹿町伊佐

| | コメント (0)

2022年10月19日 (水)

一点パースで路地をスケッチした

一消失点パースでスケッチを描いた。

1.最初に水平垂直の線を入れる。
  水平線は目の高さ、垂直線と水平線の交点が消失点となる。
2.消失点へ向かう集中線を入れる。
3.集中線に合わせて絵を描く。

説明しながら描いて色付けまで20分くらい。
前にも言ったが、パース通り描くと周辺で絵がゆがむので調整が必要となる。したがってパース通りでスケッチが描けるわけでもないが、描きあぐねたときの参考にはなるだろう。

22101512
2210151
2022.10.15/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県香美町村岡

| | コメント (0)

2022年10月16日 (日)

路地を一点パースを応用してスケッチした

今月の養父スケッチ教室は隣町の香美町へ行った。町内を縦横に水路が流れ、どこにいても水音の聞こえる気持ちのよい町だった。

今回は路地を一点パース法を参考に描くという実演をした。一点パースは絵の周辺でゆがみが大きくなるので調整が必要なのだが、路地のようなものを描くときの参考にはなるだろう。かくいう私も一点パースを描くときの目安にしている。

Img_4109
Img_4098
Img_4099
Img_4109_20221016081301
Img_4112
2022.10.15、兵庫県香美町村岡

| | コメント (0)

2022年10月15日 (土)

摂南でスケッチ大会を開いた

摂南大学のドローイング授業でスケッチ大会を開いた。お天気がよくて気持ちよかった。1時間ほど自由に描いたあと、これまた1時間ほどかけて全員のスケッチの講評をした。それぞれ個性的なスケッチを見せてくれて楽しかった。この授業がスケッチを始めるきっかけになればうれしい。

Img_4094
Img_4096
221014
2210142
2022.10.14、摂南大学スケッチ大会

| | コメント (0)

2022年10月 5日 (水)

一点パースの実演をした

プラットフォームを前にして一点パース風に描いてみた。奥へ吸い込まれるような放射状線が一点に集まるのが一点パース。パースには規則があるので、そのとおり描くとスケッチの周辺部分がゆがんでしまう。パース通りなのは中央部だけなのだ。そのことを理解しておれば、ある程度はパース法はスケッチの参考になると思う。
22100112
2210012
2022.10.01、大阪市、汐見橋駅

| | コメント (0)

より以前の記事一覧