夢日記

2019年2月21日 (木)

夢日記 190221

 仕事で夜更かしが続いている。こういうときは夢を覚えていないことが多い。今朝はなぜか覚えていたのでメモしておく。

 金沢へ行く。斜面を街道と水路が並走する古い集落が点々と続く。駅のまわりは都市化が進んでいるがすぐ近くには立派な土蔵をいくつも構えた大正期くらいの和風民家がある。家の裏は低地になっていて織物工場の廃墟があった。
 街道筋のまちなかに近代建築があり見学する。工場のような鉄筋コンクリート造り3階建ての塔のような建物だ。友人と出会う。私は彼のことをよく覚えていないが、相手は私のことをよく知ってくれている。彼はここで古い機械を見つけたと興奮している。小さな巻き上げ機のようなものだった。
 友人たちと近くのカフェへ行く。そこからも空き地の増えた古い集落のようすがよく見えた。

(夢読み)
 空き地の多い廃墟的なまちはわたしの無意識を象徴している。。そこには活性的なものが見当たらない。無意識が意識とつながりを失っている状態を示すのだろう。そこで出会う友人たちはわたしの無意識に潜んでいるなんらかの未発達な部分だ。彼らは廃墟のなかにお宝が潜んでいることを知っている。わたしは彼らを通して無意識とのつながりを取り戻そうとしている夢だ。印象としては良い夢だった。

 わたしが古いものが好きであるという意識状態と夢に古いものが出てくるという無意識のあいだにどんな関連があるのか。夢の風景が現状を規定するのか。それとも現実で見た風景が夢に出てくるのか。どっちがインプットかと考えると現実で見た風景のほうがインプットなのだろう。夢はそれを象徴として扱っているわけだ。ではなぜわたしには無意識の世界が古い町に見えるのか。古い町のどこが無意識的なのだろう。ちょっと考えてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

夢日記 190201

 風をひいたせいか12時間ほど寝たうえに夢をよく見た。覚えているところだけメモしておく。

 学校か病院のような施設の薄暗い廃墟風なホールに仲間といる。まわりの小部屋をし食べていると真っ暗一室にお化けが隠れていた。食人種系のモンスターなのだがニットスーツを着た気弱そうなお姉さんの姿をしている。そのままそこへ隠し置いておくことにする。もうひとりモンスターの少女を見つける。これは薄汚れた短髪ゴスロリ姿で、無口なのでよく分からないがこれまで迫害されてきたようす。これも隠しておくことにした。
 表へ出て海賊に雇われる。首領は短髪の少年のような少女だ。仲間たちと破壊された都市でモンスター退治とゴミあさりをする。モンスターを操る敵軍と戦闘になる。攻撃を集中させようとするがうまくいかない。仲間たちが次々とモンスターに踏みつぶされていく。自分も一旦死んだようだ。死んだ自分を空中から見ている。しかし首領の少女の涙で生き返る。
 宇宙船を賊に奪われる。乗組員の男は頭を銃で吹き飛ばされて落ちていく。残された姉妹は賊に捕らわれる。姉は賊を愛し妹を嫉妬する。そして妹はそこから逃げ出した。それが最初に出会ったゴスロリ短髪少女だった。

(夢読み)
 深層心理学的に言えば男の夢に出てくる女はその人の抑圧された創造性ということになる。わたしもそう思う。夢の殺伐として混乱したようすはカゼのせいで低下した意識状態を示すのだろう。かわりに無意識が上昇し、隠していた女たちが次々と現れたというわけだ。いずれもモンスターであったり海賊であったりと尋常なものではないが、それと話ができるというのは夢見た人の創造性が発動していることを示している。よい夢である。
 モンスターを退治してお姫様を救い出すのが西洋風の騎士物語の元型だ。でもこの夢では蘇らせるのが海賊の女首領で、涙で目覚めるのが男のほうになっている。この逆さま現象は日本の昔話によく出てくる東洋的な神話的類型の典型とされる。自分がそのとおりの夢を見るとは思わなかった。夢はおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

夢日記 190121

 一度目覚めたように思うが前後つながっていたようにも思う。最近はこうしてメモしているためか比較的よく覚えている。こうして少し習慣づければ自分の夢を読むことができる。夢読みに害があるようにいうかたもあるが、ユングの深層心理学では正当な分析法である。

 怪人に捕らえられ後ろ手にしばられて谷あいのアジトまで連行される。怪人は黒マントの若い男でアジトには似たようなかっこうのボスがいた。拷問されるところで目が覚めた。夢の続きは仲間たちと逃げているところから始まる。仲間のなかに吉本喜劇の阪神巨人がまじっていた。
 怪人のひとりが手引きをしてくれる。怪人は崖を飛び降りるが自分たちは傾斜のゆるいところを這うようにして下りた。下に用水路があり水が流れている。草むらにバス停があってそこへ隠れた。少し離れたところへ外国軍の黒い4発ヘリが続々と着陸するのが見えた。
 自由になったわれわれは近くの温泉宿へいく。宿はインドのストゥーパのような石造りだ。入り口は顔が入るくらいの小さな木戸だった。そこを開けて呼びかける。出てきた宿の女に焼け出されたので止めてほしいと仲間が言うが断られる。わたしが浴槽掃除を手伝うからというと入れてくれた。
 古いタイル貼りの浴槽でそれを仲間たちと洗う。引き戸を開けて枠のホコリを雑巾で掃除する。枠の際に座っていた老人がどうすればよいのかと聞くので、こうやってホコリを払うと教える。クモのマユのようなところから弱った虫が
出てきたので雑巾を投げつけるが机の上に逃げられる。老婆が渡してくれた布で虫を捕らえることができた。机の上にはホコリを被った不要品がたくさんあり、その陰にも虫がいるのが見える。全部片づけなければと思ったところで目が覚めた。

(夢読み)
 爆撃や拷問は単に体調の悪さを示しているのだろと思うが、ひょっとすると「悪」として不当に抑圧された心の部分を示すのかも知れない。黒マントの怪人が助けてくれるという夢はこれまで見たことがない。体調の悪さが夢の感度を上げたのかも知れない。
 急襲ヘリの黒は怪人のマントと同じ色なので、同じく悪を象徴するのかも知れない。悪とはそうした暴力的な強制力をいうのだろう。現実世界で遠ざけられた悪は無意識化にもぐっている。この夢はその部分とのつながりを取り戻すことを言っているのだろう。分かりやすい夢だと言える。
 ストゥーパのような温泉旅館はわたしの無意識を示している。そこは古いタイルが豊富な魅力的な場所だが人が訪れたことがなく放置され虫も湧いている。それを掃除することは、忘れられ遠ざけられた心の部分を再生することを示している。この部分も分かりやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

夢日記 190116

 日中、狭い道を歩いている。古いアパートの裏口がある。木造2階建てで赤いスパニッシュ瓦が載っている。表口は知っていたが、こんなところに裏口があるとは知らなかった。覗いてみると自転車が置かれた薄暗い土間がある。上がり框の先に縁甲板の廊下が見えた。両側に部屋のある中廊下式だが、廊下に光が射しているので中庭があるらしい。1階にお好み焼き屋があり背広姿のサラリーマンがあがりこんでいく。気が付くと裏口に看板があった。

 立ち話の声が聞こえる。声をかけると年配のアパートのおかみさんが出てきた。ここは女子専用かと聞けばそうでないという。賃貸料を尋ねるといったん奥にひっこんで出てきていうには118円×盛り数だという。盛り数とは床面積のことらしい。部屋の広さにいろいろあるようだ。この値段からは下げられないという。60㎡でも1万円以下なので安いと思った。2階にあげてもらって部屋から外を見ると歌舞練場のあたりが見渡せた。改めてまた来ますと言ってアパートを出た。

(夢読み)
 図面を描けるほどはっきり見えた。昭和5年くらいの建物で、花街だから当初は女性中心だったのだろう。同じようなアパートが南座裏に残っていたがもう無いかもしれない。中庭のある迷路のような古いアパートはわたしの無意識の象徴なのだろう。無意識との仲介をおかみさんがしている。安い負担で無意識とつながることができる。無意識と意識とがつながった状態にあることを夢は言っているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

夢日記 190103

 とりとめが無いうえによく覚えていないがメモしておく。

 鉄筋コンクリート造3階建ての旧い紡績工場の見学会。調査をした女性の研究員が説明している。自分もなにがしか発言したくてウズウズしているがきっかけがない。2階から3階へ部屋の中央に白い螺旋階段がある。それは2階から自立していて3階の床とは構造的に接合していない。そのためにすっきりと見えるしこの建物の特徴だと参加者のひとりの男性に説明している。後で参加者の誰かからおまえは以前間違った説明をしたので信用できないと言われる。
 広い部屋にブースが並び机が置かれている。半分くらい無人だが誰かいるところはジュークボックスのような機械が置かれている。その前でみな食事をしている。泥棒が人の食事を盗んでいる。それを誰も注意しない。わたしは泥棒の座った机の上の大きなビンを目の前で割る。何度も割って威嚇する。今度はコカ・コーラのビンを割る。泥棒を食事をしている主任に突き出す。

(夢読み)
 3階建ての3階が舞台なので、わりと浅い夢だと分かる。女性研究者がわたしの創造性なのだろう。それとうまく話せないもどかしさが夢のテーマだ。そのもどかしさは自分が説明者の立場ではなく群衆のひといrであるという状況認識と発言したとしても間違うのではないかという不安からできている。分かりやすい夢だ。
 後半はよくわからない。今度は逆に座っている群衆とは別に自分は食事もできず歩き回っている。関に座ればよいのだが、皆が背後に据えているようなきれいな機械を持っていない。泥棒はわたしなのだろう。歩き回る自分は泥棒にしかなれない。それを認めたくないので夢のなかではふたりに分裂しているのだ。怒りは泥棒をすることへの拒絶反応だろうが、なかなか激しいので泥棒することへの衝動なのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

夢日記 190102

 2日の朝見たので初夢に当たる。夢に現実世界の時間は関係ないので気にすることはないが。覚えている部分は短いけれどメモしておく。

 教室で学生たちと楽しく建築ゼミをしている。1階へ下りるとそこは工房でいろんな作りかけの部品が転がっている。自分もそのうつのひとつを完成させる。いくつかの木材が組み合わさった枠のようなもので背丈ほどの大きさがあった。安定しないのでドリルでビス止めして完成させた。家を組み立てる部品になるようだ。外に出た。ビルの1階がショールームになっているが閉まっていた。ウインドーのビニル庇が壊れていた。

(夢読み)
 校舎が無意識を構造化したものだろう。工房が地下ではなく1階であることから、創造性が地上に現れた状態にある。そこで生み出したものは何かの一部なのだが、それが何なのかはまだ分かっていない。もしくは着地点を見極めずにやみくもに作っているという状況を示すのかも知れない。

 ずっと友人のように学生たちがまわりにいて話しかけてくれるので悪い夢ではなく良い夢なのだろう。気になるのは作っているものが壊れたような部品であったり目にするものが壊れた庇であったりすることだ。直し方もビス止めのような応急的なことしかしていない。壊れた破片を私が見つけるというのがこの夢のテーマなのだろう。意味は分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

夢日記 190101

 久しぶりに夢を覚えていたのでメモしておいた。すぐにメモをしたので長くてディテールもはっきりしている。

 駅のホームにいて友人たちとどこかへ行こうとするが、自分が裸なのに気づいて帰ろうとする。駅は複雑な構成をしていて、それをうまく通り抜ける方法があったはずだが分からない。友人と高架下の2階に上がる。廊下のようなところにテイクアウトカフェのベンチシートがある。その先に線路へ降りられる階段があるがガラス窓のある鉄扉に鍵がかかっている。傍らの扉に個人宅の表札もありその先に進むのはやめる。ベンチシートに戻ってその話をすると友人は席を立っており、その向こうの知らない若者たちが答えてくれた。彼らと友人になる。たくさんある線路の一番端のホームに行く。貨物列車が通り過ぎるのでホームの中央に下がるが反対側を特急が走り過ぎる。ホームが狭いので怖かった。ホームの先は行き止まりなので戻る。階段を下りるとそこで歌のコンテストをしていた。わたしは観衆のなかに混じって座り込む。最後のひとりである若者が歌っている。わたしは審査員のひとりで彼がよいと思ったが他の審査員たちが反対した。歌はうまいが人となりが悪いからだと言う。自分は最後まで彼を押すが別の女の子が一位となった。若者がくやしそうにしている。

(夢読み)
 複雑な構成の駅は無意識そのものを意味する。そこを裸でさまよっているというのが私の現状なのだろう。行き止まりの危ないホームや鍵のかかった扉はそこから出られずにいることを示す。コンテスト会場が駅より下層なのは心理のさらに深層であることを示すのだろう。森のなかで鬼たちが宴会をしているのと同じことだ。怖いホームの先にそれがあることも深層であることを示すのかも知れない。そこで私は人となりよりも歌を優先させよと言う。これがこの夢のテーマだ。人柄を否定する他の審査員たちもわたし自身の別の姿なのだ。何かの価値を見つけたのなら社会的な評価を度外視して素直に評価せよと夢は言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

夢日記 161124

 明け方に見た夢で少し覚えているのでメモしておく。

 大きな交差点で自分の車が私を残したまま暴走してどこかへ行ってしまう。探したところ、交差点の近くの路地に突っ込んでいた。路地の住民のおじさんが、植木鉢を壊したので弁償しろと言うので3000円を払った。
 自動車は自転車に変っていた。パンクしている。おじさんが修理するなら近くの万能屋へ行けと助言してくれる。自転車尾を押して路地を行くと自転車屋があったが看板が無いのでその店かどうか分からない。しかたなくその奥へ行くと製材所に入り込んでしまう。誰何されたので、迷いましたと言い訳して逃げる。
 路地のなかに空地が多く、これまで見過ごしていた木造の工場がよく見えた。路地の奥に広い更地があった。造成中だが、人の歩く道がある。おもしろいので写真を撮ろうとするがうまく撮れない。近くのビルの上で撮ろうとしていると母親や娘が上がってきて何を撮っているのかと問う。

 瀬戸内海に面した河口域で知らない現代作家4人と会っている。新しいアートフェスの下見だ。山に挟まれた静かな水田地域で、小さなあずまやで相談している。4人が話しかけてくれたのでようやく会話に加わることができた。お前は話してみると案外おもしろいなと言ってもらう。
 周辺を探索しようと小さなモーターボートに乗り込んで迷路のような水路をいく。途中で観光用のボートをぶつかりそうになる。その後、わたしの管理する空き地のそのばを通るが境界ロープをボートがひっかけてしまう。下船してそれを元に戻す。隣家の門灯を落として壊す。その家の娘が出てくるが、言ってる意味が分からない。
 アートフェスで見かけた人と出会うのであいさつする。付いていくと彼女らは2階建てのアパートに入っていく。自分はその手前の医院建築がおもしろいので写真を撮ろうと思アアーチストたちに待つよう言う。写真を撮る向きを考えて空地を移動しているあいだに建築が無くなってしまう。
 道端で娘がこの後どうするのかと問う。私は街歩きを続けたいが娘を連れて寺院へ行くことにする。

(夢読み)
 暴走する乗り物が出てくる。これは単に体調の悪さを示すのかも知れない。常に仲間といることは良い夢だ。創造性を表すものが娘や女性など会話可能な状態で出てくるところの良い。ただし何かを教えてもらうまでに至っていないという状況だ。空地から見える傾いた魅力的な工場や更地にできた道など、新しい価値の発見を予見している。全体的に良い夢の範疇で、新しい創造性の前で足踏みしている状況を写すのだろう。分かりやすい夢だと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

夢日記 160901

 現場調査で疲れたので早めに寝た。9時間近く寝ていた。久しぶりに夢を覚えていたのでメモしておく。

 教室のようなところに仲間といる。小説の研究会らしい。そこへ高校生くらいの少年が原稿をもって入ってくる。彼の父親が指導してやってほしいと依頼する。仲間たちは少年を歓迎し原稿が回される。わたしは少年からもう1冊の冊子を渡されそれを読む。そして指導するならこれも目を通しておこうと言って仲間にその冊子を渡す。

 仲間たちと店にいる。ギャラリーとカフェとアンティークショップを兼ねたような店でまだ始めたばかりだ。学園祭のような雰囲気がある。ひとりが古いストーブを持ち込んだ。小さなもので全体に錆びている。どこのものかよく分からないらしい。わたしが調べると表面に文字が刻まれている。明治時代にドイツへ留学した折に製法を学んだとある。文字は読めないところもあるが長い文章で、鉄板上ではおさまらず額縁のような木枠にまで続いていた。

 ショップで古い映画を上映することになった。他のショップが映画を配給してくれるという。それを受け入れると雑貨もそこから仕入れることになるのではないかと心配になるが、仲間たちは気にしていないようなので言い出せずにいる。

 遅くなったので、ショップを閉めて居間に集まる。そこは大きな家でその娘がショップのオーナーらしい。娘はわたしにとって姉のような存在のようだ。もう12時を回っていたので泊まっていくでしょうと娘が言った。板敷の居間は広いので全員が寝るスペースはありそうだった。わたしは歩いて帰ろうと思うが外は雪が舞っていた。とりあえず自分の持ち物を取ってこようとショップに戻り分厚い古本を抱えて戻ってきた。

 古い祭りを撮影したフィルムを見た。石造りの城壁から神々の仮装パレードが出てくる。ごわごわとした岩のような意匠と仮面で、ゆっくりと踊りながら歩いてくる。パレードの全員がまったく同じ動作で踊るのがおもしろい。こんなすごい祭りがあったのかと感心する。

 和室の片隅で友人が検索している。場所はこれで確認してくれというのでパソコンの前に座る。気が付くとそれはパソコンから小さな車に変っていて山を登り始めた。落ちそうな崖の際を危なげに車を操作しながら登ると坂はますます狭く急になっていく。これでは帰れないのではないかと不安になっているといきなり山頂に出たので車を止めた。えぐれたように切り立った岩肌だけの景色だ。まわりで仲間たちが何かしていた。仕方がないので歩いて降りることにした。車は一輪車のようなものに変っており、それを抱えて飛び降りるようにして坂を降りた。2回ほど飛び降りて地上に戻ることができた。そこにも仲間たちがいたので、飛び降りて帰ってきたことを告げた。そこで目が覚めた。

(夢読み)
 最初の研究会の話に出てくる少年は自分なのだと思う。わたしは小説を書くにはまだ幼いという意味だろう。 

 夢を通して出てくる複数の仲間という存在は、自分の中の使われていない劣等機能のことだろう。そう言えば、これまでもこんな仲間たちは夢に出てきたが、それが劣等機能だと意識したことはなかった。

 古いストーブも古本も価値のあるお宝という意味だ。古い映画や古い祭りの映像も価値のあるお宝なのだろう。映画配給の条件にビクビクしているのは対価を支払えないと思っているようだ。ショップが始まったばかりという設定も文化祭のような雰囲気も、お宝を集めることにまだ本気になれない自分の状況を示すのだろう。お宝は生きがいを象徴している。

 ショップのオーナーはわたしの創造性なのだろう。ユング風に言えばアニマというやつだ。それが姉止まりというのはやはり創造性の幼さを象徴している。そこを離れて帰ろうとするのは創造性を拒否したことになる。

 不安定な山頂は意識の突出を象徴する。大地である無意識との交流が途絶えていることを意味する。そこは飛び降りてでも逃げなくてはならない危険な場所だ。うまく地上へ降りるというのは眼覚め前の意識による希望的な修正だろう。注意したいのはそんな危険な場所へ自動的に送り出されたということだ。自動的とは制御できないということだ。創造性を拒否したがために無意識が暴走したという意味だと思う。

 夢は教訓ではない。意識の突出を修正し無意識との関係を取り戻すことが目的らしい。この夢は現状が危ういことを教えている。一方で仲間やアニマと親しいのは無意識と繋がっていることも示す。お宝やお祭りの映像が手に入っていることも創造性と再会していることを示すのだろう。ただし関係がまだ浅くて薄い。仲間やアニマとろくに会話もできず、ストーブの来歴は途中までしかわからず、祭りの情景はゴワゴワとしか再生されない。そんな心的状況をこの夢を示している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

夢日記 150122

 9時間も寝ていた。火曜日に接骨院に行ってから連日よく眠る。とりとめも無い夢を見た。少し覚えているのでメモしておく。

 車で鉄工所のような場所に来る。たくさんの若い男たちがいる。高校の体育の時間のような感じで作業服に着替える。鉄工所の中は天井が高くて薄暗く、床にはさまざまな機械が据えられていた。人数が多いのでなかなか全員が入れない。そのうち何かが起こって逃げ出した。大型のエレベータで上に逃げようとするがいっぱいで乗り込めない。エレベータは危ないと言いほかのものたちと外に走り出た。とくに何も起こらずみんな着替えて帰っていく。わたしは着替えが見つからず探し回る。

 工場の隣に芝生の運動場がありバス乗り場があった。バスが高速で入ってきて人をひきそうになり危ないと思う。わたしの行くところはすぐ近くなので歩いていくことにする。2階建ての鉄筋コンクリートの建物がある。前庭に車寄せがあり、建物はバルコニーをめぐらせた60年代のスタイルだ。そこは学校でわたしは歴史担当の新任教師らしい。時間割の説明を受け教室へ向かうがどの部屋か分からない。時間割に教室名が書いてあったのでようやくそこへ入る。

 教室は半分は事務室で、学生たちは壁際に並んで座っている。制服を着ているので高校生らしい。事務員のほかに指導の先生と牧師がいた。わたしの授業を見るためらしい。まず自己紹介した。円満字という。先祖が寺だったのでこういう名前だ。そして教科書を取り出した。和紙で作られた本だった。第1章第1節はどこかの村の経済史が書かれているようだった。読んだことが無い本だったので不安だった。「歴史は中高生用の教科書が一番おもしろくてよく分かる。大人用の本は難しいばかりで何も分からない。わたしはこの本を全部は読んでいないが一緒に読んでいきましょう」。教科書は端が切りそろえられていないのでページがめくりにくい。第1章第1節が見つからない。どうしてこんなに不便なのかと不満を言うと指導の先生がうちで作った本だと言った。それなら文句言えないなと思ったところで目が覚めた。

(夢読み)
 ふたつ並べると意味がよく分かる気がする。どちらも高校生たちがたくさんいるが何も始まらないという構成だ。私がなにか始めなければならないようだが、何をすれば良いのか分からず躊躇している。迷路のような学校や薄暗い鉄工所は私の無意識を表している。「見つからない服」はわたしの夢によく出てくる。これは単純に準備不足を示すことが多い。ふたつめの夢はもう少し具体的に原因を教えてくれる。それは人に与えられた教科書では授業できないということだ。人に合わせるのもほどほどにしなさいと夢は告げているのだろう。まあ分かりやすい夢か。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧