建築たぬき

2021年6月19日 (土)

紙粘土でスタディ模型を作った

スタディとは練習という意味だ。スタディ模型は人に見せるためのものではなく創作のための立体的スケッチという感じだ。

これはポケットパークの課題の見本として作った。紙粘土は「フォルマ」(440円)を使った。ほかの紙粘土より使い勝手が良かった。彫塑用の昔ながらの黒い油粘土が一番良いかもしれないがまだ使ったことがない。

ただいたずらに粘土を盛り上げたり崩したり遊びながら造形すればよいと思う。今回はある程度イメージを固めていたので発泡スチロールで芯を作ってから塗りつけた。これで制作3時間(周辺模型は去年作った)くらい。ここから第2案、第3案と展開していけば設計主旨に沿った造形に近づいていくだろう。

わたしは模型で考えることをしてこなかった。ほぼスケッチで考えてきた。しかしどうやら建築家にはスケッチ派と模型派の2派があるらしい。模型派もおもしろいと思う。

Img_1152
周辺模型に組み込む
 Img_1149Img_1151
発泡スチロールで芯を作ってから紙粘土を張り付ける
Img_1150
平面のイメージスケッチ

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

ゴシック模型を作った

ミステリーの現場となるようなゴシック館を考えていた。華麗なゴシック天井を再現したいがその力量がないので今後の課題としておく。もしミステリー作家の方でゴシック館が御所望の場合はご連絡ください。あなたのゴシック館を設計します。

Img_01372 
Img_9332
Img_9147_20210209093401 2020.11‐12月作成

| | コメント (0)

2020年11月14日 (土)

まいまい東華菜館で中華料理を堪能

まいまい京都のFBに写真が上げられたので記録のために転載する。

初めて食事つきガイドをした。参加費7000円と高めではあったが希望者が多く、急遽別日を追加した。気になっていたけど今まで入りにくかったというかたが多かった。建物を屋上まで見せてもらったが、わたしも初めて見る部分もあり楽しかった。中華はもちろんうまかった。また開催したいね。
123938329_3443153885760864_4056871573149
123932802_3443153459094240_7718509141288
2020.11.8、まいまい京都「建築探偵とめぐるレトロ建築、ヴォーリズの名作を開店前にじっくり拝見」

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

スタディ模型っておもしろい

学生さんが卆計のイメージが固まらないようなのでスタディ模型の作り方を教えた。縮尺も機能も無視して心のなかのイメージだけを2時間ほどの短時間で形にする。人に見せるものでないので雑でよい。たとえばこんな感じだと作ったのがこれ。野外音楽堂のイメージ模型である。フジツボみたいだな。スタディ模型おもしろい。

Img_9140
Img_9141
2020.10.27、ダンボール、配管用パテ、A4サイズ

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

貼り紙よりも防護柵を

階段と出口とが近すぎて出会い頭にぶつかると階段を転げ落ちるおそれがある。あるときから注意書きが貼られたが、階段を上るときには見えにくいので役に立っているとは思えない。それよりも防護柵を設けるべき。問題なのは階段と出口が近いことだから、それを少し離してやるだけで出合い頭の衝突は無くなるだろう。

Img_9065
現状
Img_90652
防護柵(青色部分)

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

まいまいライブ「建築探偵と美しきタイルの世界へ!」を配信した

建築探偵初のまいまいライブを配信した。進行役の阿比留さんが大のタイル好きだったのでヲタク話で盛り上がった。リスナーのチャットでの反応も楽しかった。ネタはいっぱいあるので今後も続けていきたい。

視聴申し込みは70名くらいだった。まいまいライブとしては中くらいの参加率らしい。当日リスナーが40名くらいだったので残りの30名は見逃し配信を利用するのだろう。アーカイブ販売はしていない。

121258105_3365767856832801_1927777607745
2020.10.11、京都市下京区「アスクミーカフェ」にて
技術スタッフのオダシマさんの撮影

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

上方探索倶楽部で近江八幡へ行った

コロナ禍で休んでいた上方探索倶楽部だが、ようやく活動を再開した。手始めは滋賀県の近江八幡市。藤森照信氏の「ラコリーヌ」の新作を見たあと、ヴォーリズの旧八幡郵便局、旧伴家住宅、八幡堀を見学した。旧伴家では特別に天井裏まで見せてもらった。天気にも恵まれ総勢10名で楽しく歩いた一日だった。

Img_8845
ラコリーヌのメインショップ
Img_8887
八幡堀
Img_8868
ヴォーリズの旧八幡郵便局
Img_8878
Img_8880
2020.09.26、旧伴家住宅(滋賀県近江八幡市)

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

まいまい京都「七条コース」の写真

 まいまい京都のスタッフの中山さんが写真を撮ってくださった。蒸し暑かったが曇っていたため陽ざしが弱く比較的歩きやすかった。まいまい京都はガイドと参加者が協力してツアーを作るあたりに特徴があるが、今回もレスポンスや突っ込みが多くて楽しかった。ありがとうございました。

2020090601

2020090602

20200906003
2020.09.06、京都市下京区七条通りかいわい

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

10月のまいまい京都のご案内

10月は次の2コースが参加受付中だ。

Img_5108
10月4日(日)10-12時 まいまい三条王道コース
京都の近代建築といえば三条通り。有名無名の近代建築の見方楽しみ方をていねいに解説する。建築探偵の定番コース。
郵便局>旧日銀(開いていれば内部も)>京都酒販ビル>旧日生ビル>SACURAビル>家邉徳時計店>1928ビル>其中堂>本能寺
https://www.maimai-kyoto.jp/event/ky20d081/

Dscf0941
10月18日(日)14-16時 まいまい岡崎コース
これまた近代建築の集まる岡崎公園かいわいを楽しく歩く。武田五一がふたつあるので武田追っかけの建築探偵はテンション高め。
白川橋>七宝館>有鄰館>大鳥居>国立近美>図書館>美術館>ローム>旧公会堂>謎の門柱>平安神宮
https://www.maimai-kyoto.jp/event/ky20d110/

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

建築探偵タイル配信が決定!

まいまい京都のライブ配信に出演する。スタジオから阿比留さんとの掛け合いで配信する。写真をご覧に入れながらタイルの歴史や見どころなど建築探偵魂炸裂のトークライブとなる。事前に視聴者から写真を募集し、番組でご紹介するコーナーも用意している。ぜひぜひご参加を。

10月11日(日)1400-1600頃 建築探偵と美しき建物タイルの世界へ!
参加費2000円、要予約(決済後に配信URLを告知)
配信後1週間ほどは見逃し配信を視聴できる
ZOOMウェビナーまたはVimeoで視聴可能
https://www.maimai-kyoto.jp/event/ky20d069/

116609164_3082310111864791_3865487198812

| | コメント (0)

より以前の記事一覧