建築たぬき

2017年10月21日 (土)

摂南でスケッチ大会した

 恒例のスケッチ大会を開いた。みんな熱心に取り組んでくれた。絵の具を持っていったので携帯テーブルに広げていると何人かが寄ってきて使ってくれた。絵の具は水や筆を用意しなくてはならないが、実は色エンピツよりも使いやすいのだ。そのことをもっと知ってほしい。

 最後の30分ほど講評した。スケッチは存在証明であること。うまい下手は関係がないこと。スケッチに失敗はないことなど言った。このあたりは建築家鈴木喜一の受け売りだ。

 全員のスケッチを「細かくていねいな線」「勢いのある力のある線」「大胆な着色」「あわい色使い」などにグルーピングして、線がどのように個性化するのか語った。個性化して自分の線になることが大事だと私は思っている。


Img_11372
2017.10.21、大阪府寝屋川市摂南大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

実測した野帳を図面に起こしている

 実測したものを平面図に起こしている。学生たちは製図に手慣れていないが、それでも懸命に取り組んでくれた。わたしは1時間半ほどで仕上げたので、それを見本にした。入れ替わり立ち替わりわたしの図面を覗きにきていた。

 図面を書けば、野帳の不足なところや余分なところがよく分かる。だから実測実習は必ず現地実測と製図実習とをセットにしている。


Img_1121
2017.10.17、関大にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

実測実習2日目

 実測2回目。高さを測るのが課題だ。班ごとに断面の野帳を起こし寸法を記入する。コンベックスの使い方を実演してみせると、みんなおもしろがってマネしていた。

 わたしはこれを誰に習ったっけ?
 わたしの最初の実測っていつだっけ?


Img_1075
2017.10.10、大阪市豊中市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

洗面台の水栓を取り換えた

Img_1060

 自作洗面台の水栓から水がポタポタ落ちる。分解したところゴムパッキンが消耗していた。ホームセンターへ行ったのだが規格外だった。デザインだけで決めたツケが今になって回ってきたわけだ。


Img_1069

 部品を取り寄せることもできるだろうが、消耗品がホームセンターで買えないというのは信条に合わないので今の混合栓を廃止することにした。とりあえず汎用品を買ってきて取り付けた。これもなかなかいい。

 元の混合栓は6年前に7250円で買った。今のはふたつで7000円。


Img_1070
2017.10.08、自宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

実測実習はじまった

 関大の木造演習が始まった。今回はまず実測を演習して、後半は伝統工法の組み物を刻んで実験する。実測は豊中市内の古民家をお借りして測った。測ることのテクニックよりも軸組を読むことを優先させている。

Img_1038
2017.10.03、大阪府豊中市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

まいまい七条

21433086_1466888980054041_760380614

 5年ぶりに七条コースを復活させた。歩きやすい時候になったせいもあるがとても楽しかった。まいまい京都はリピータも多い。そういうツアーに慣れたかたはガイドを盛り上げてくれるのでうれしい。まいまい京都のガイドと参加者が共同してツアーを作り上げるという気風がおもしろい。

21463317_1466888433387429_685665448

 今回は棚橋諒や増田清の話ができたので良かった。京都駅の空中回廊も人気があった。今回は10分オーバーした。今後はコースをもう少し調整したい。

 七条が復活してコースが増えた。現在6コースあり、それを春秋に分散して使っている。三条、岡崎公園、京大南、京大西、七条、大阪北浜。今年は新コース京大北を準備している。お楽しみに。

 次回は9月30日(土)午後2時より岡崎公園を歩く(参照)。美術館が工事中なのであまり行かない京都会館のほうをまわるかも知れない。

21616175_1466889010054038_523508620
2017.09.10/まいまい京都「建築探偵と、京都のシティゲート七条通へ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

このおもしろさは何だ?

 仕事帰りに少し歩いた。阪急淡路駅あたり。おもしろくてしかたがない。

 何がおもしろいというのだろう。道が曲がっているからか? 雨上がりで路面がぬれているからか? 

 ああ、このおもしろさはこの写真だけでは伝わらないかも知れない。スケッチにすれば少しは分かってもらえるだろうか。今度はスケッチブックを持って歩いてみたい。東淀川区淡路3丁目午後6時。


Img_07472
2017.09.07、大阪市東淀川区淡路3丁目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケ快調収録中「京都建築探偵団」

 同志社を創った新島襄の旧邸を取材した。

 恥ずかしながら新島襄という人のことをよく知らなかった。幕末にアメリカに密入国したことも、この家を建てて12年で亡くなったことも。新島が京都に来たのは偶然ではないだろう。おそらく京都府の参謀役であった盲目の会津藩士山本覚馬の手引きがあった。ならばアメリカ渡航も偶然ではなく、なんらかの計画があったのではないか。そんなことを考えながらのロケだった。


Img_0734
2017.09.04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ロケ快調収録中「京都建築探偵団」

 今は新島襄邸から府庁周辺へ至るコースを収録している。きのうは聖アグネス教会と旧西陣電話局と堀川第一橋を撮った。昼から気温があがりグダグダになった。はよう涼しくなってほすい。

KBS京都「京都建築探偵団」(参照) 毎週木曜午後6時55分~7時(野球中継あるときは時間順延)


Img_0720
2017.08.29

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

わたしの野帳はいつもまっくろ

 汗がボタボタ落ちたうえで煤だらけの手で書くので黒くなる。しかもわかりにくい。分かりやすく書こうと心掛けてきたが、この程度が限界だ。A3で書けばもう少し分かりやすくなりそうだが、あんな大きなもの持ってたら脚立の上り下りが危なくってしようがないしな。

 それより測り落としがわりとある。現場で見直しても図り落としは必ずある。暑さのせいばかりではなかろう。全体寸法は最初に押さえているので助かる。これは竹内先生の教えだ。ありがたい。

 いま図化の最中だ。スカすれば分かると思っていたところが、かえって分からなくなってしまったりする。平面図を起こすだけではなく骨組みを起こしているので分からないことは多い。全体の状況から総合的に判断するしかない。採寸も図化も推理小説を読むみたいなおもしろさがある。建築探偵の仕事である。


Img_0689
2017.08.28、A4セクション紙、0.5消しゴム付きシャーペンB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧