陰陽五行説

2020年4月20日 (月)

【祖山信仰と陰陽論12】前方後円墳と用水の関係

いげのやま古墳は恵解山と書く。「いげやま」「えげやま」という地名は各地にある。「いける」には埋めるという意味がある。この古墳からは大量の鉄器が出土した。鉄を埋めて「金生水」の相生の関係を発動させようとしたのではないか。いげのやまは金気をいける山という意味なのかも知れない。

では前方後円墳と水路との関係を見ておきたい。
Photo_20200420083801
右下の大きな流れが桂川だ。そこへいくつかの支流が流れ込んでいる。右側が犬川、左側を小泉川という。西山連山から降りてきた地脈は桂川に面してふたつに分かれる。右側が長岡で左側が友岡だ。いげのやま古墳は友岡の先端B2にある。

友岡西側の小泉川上流のA地点で取水した用水は友岡の尾根を流れてB地点で犬川に放水される。Aには走田神社、Bにはいげのやま古墳がある。ABふたつの祭祀場は用水の鎮守として配置されたのだろう。友岡周辺の開発は5世紀前半に行われたともいえる。

おもしろいのはこの用水が長岡京の工事が始まったときにはすでにあったことが分かることだ。地図に長岡京の条坊復元を記入しておいたが、いげのやま古墳の手前、西一坊大路と西二坊大路のあいだは街路割にきれいにそろっている。つまり長岡京の工事が始まったときこの用水はすでにあって、その流路を条坊に合わせたからこうなったわけだ。

さらにおもしろいのは西二坊大路より西側の流路は元のままだということだ。これは西二坊大路より西側の条坊が存在しなかった証拠ではないかとわたしは思っている。これはまた別の機会に考えたい。

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

【祖山信仰と陰陽論11】おとくに最大の古墳の謎

乙訓(おとくに)地方最大の古墳がJR長岡京駅の南にある。細川氏の居城・勝龍寺城のすぐ近くで天王山の戦いのおりに光秀の本陣があったと言われている。わたしはこの古墳を見ていて前方後円墳と水利施設との関係に気づいた。そのことをメモしておく。
Photo_20200419080701
いげのやま古墳の祖山はアタゴ山でよいだろう。アタゴ山からの地脈は嵐山でふたつに分かれる。ひとつは先にみた西山丘陵で先端に向日神社がある。もうひとつは南側の西山連山につながり、そこから支脈のひとつに流れる。いげのやま古墳はその先端のほぼ平地になったところにある。この古墳は他の西山丘陵の前方後円墳と同じくアタゴ山を祖山とする氏族によって造られたのだろう。

アタゴ山は京都盆地において比叡山とならぶ高い山で盆地の各地から見える。嵐山には秦氏の氏神である松尾大社があるが、これも前方後円墳にこめられた水への祈りを引き継いだものなのだろう。乙訓地方をふくむ桂川流域は秦氏が開墾したとされている。アタゴ山を祖山とする氏族とは秦氏のことだろう。

さて、いげのやま古墳は水利施設とどのようにかかわっているのか。これは次回に。

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

【祖山信仰と陰陽論10】円筒ハニワの意味

前方後円墳の特徴の3つ目、墳墓をハニワが囲んでいることについてメモしておきたい。

前方後円墳の復元図を見るといずれも円筒ハニワが墳丘を取り囲んでいる。ハニワと言えば人型、馬型、家型、そのほか器物型と形象埴輪を思い浮かべがちだが、絶対的多数は円筒ハニワなのである。円筒ハニワとはいったい何なのか。

円筒ハニワは土留めのようなものと思われているがそうではない。墳丘斜面の途中に狭い通路のような場所があり、そこに円筒ハニワは並べられている(前回参照)。前方後円墳は普通3段になっているがそれはこの通路部分があるからだ。逆に言えば前方後円墳はハニワを並べるためにわざわざ3段に造られている。なぜそれほど円筒ハニワが大事なのか。

ハニワという言葉は日本書紀の垂仁帝記に出てくる。殉葬の悪弊を取り除くために野見宿祢(のみのすくね)の進言に従って人型馬型の土器を埋めたという。それを埴輪、立物といったと書いてある。これは日本書紀編纂期にハニワという言葉があった証拠である。ではハニワとはなにか。

わたしは言葉の意味通りだろうと思う。ハニとは土のことだ。ワは輪だ。つまり土ものを輪に配置するものという意味だ。ハニワは人型馬型でなく円筒埴輪そのものを指す言葉だろう。

ハニワは土気で金気の陵墓を囲むものだ。これにはどういう意味があるのか。前方後円墳は金気が水気を生む装置だと前回述べた。金気が身水気を生むためには土気の作用、つまち土用が必要となる。わたしはハニワこそこ土用だと考えている。墳墓を石張りとして金気とし、そこへハニワの土気で囲むことで金気の発動を促している。そうすることで「金生水」の形式が整い水利施設は水田に滞りなく水気を送ることができる。

大王はそのめに開墾をしながら自分のための墓を用意した。それは自身の身体が最強の土気であると分かっていたからだろう。陰陽論においてはひとは陽気である魂と陰気である魄(はく)でできている。死ぬと魂は天にかえり魄は大地に帰る。大地は最強の土気だ。したがって死体は最強の土気だと考えられた。しかも大王のものである。一般人よりも強い土用があると考えられたのではないだろうか。

わたしは円筒ハニワは前方後円墳の「金生水」の機能を補強するための呪具であると思う。

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

【祖山信仰と陰陽論9】前方後円墳の構造

前方後円墳は次のようなかたちをしている。特徴は3つだ。

1.円墳と方墳を繋ぐ。
2.表面に石を貼る。
3.埴輪(はにわ)で囲む。

このかたちにはどのような意味があるのか。
Photo_20200416090101
1.天円地方を示す
今まで述べてきたように天地を示すと考えるのが自然だろう。これは民俗学の分野から沖縄の亀甲墓との類似から指摘されている。前方後円墳から亀甲墓が生まれたとするのではない。アジアの墓制の基本に陰陽五行論があり、あるときは前方後円墳、あるときは亀甲墓となったわけだ。陰陽五行論は遅くとも紀元前5世紀には成立していたから、墓制と無関係とするほうがおかしい。

わたしは天神と地神を祀る場所としてこのかたちが生まれたと考えている。それは二上山や比叡山、そして生駒山などピークがふたつある山での祭祀を反映させたものだったろう。天神が金気であり地神が土気だとすれば、土気の作用(土用)によって生まれるのは水気だ。前方後円墳が水利施設の一部であるのはこのためだ。

2.石の山は水を生む
葺石(ふきいし)を貼ったのが当初のかたちだ。もっとツルっとしてピカッとしていたわけだ。その点エジプトのピラミッドにイメージは近い。ピラミッドはチグリス・ユーフラテスあたりのアッシリア文明が発祥とされる。ジグラッドと呼ばれる小振りな方墳だが、そのかたちは氏族のやってきた山岳地方の神聖な山を示すとされる。それがエジプトへ移民と同時に持ち込まれピラミッドとなった。墳墓のかたちは神聖な山を示すというのが興味深い。前方後円墳も同じことだと思う。

石は五行説では金気だ。石を全体に貼ることで古墳は金気となる。金気は土用によって水気を生みだす。古墳で天神地神を祀ることで豊富な水を得て水利施設を潤そうとしたのだろう。前方後円墳は重要な祭祀場として水利施設の一部だったとわたしは考えている。

そのことはハニワを見ればよく分かる。長くなったので次回に。

(つづく)

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

【祖山信仰と陰陽論8】前方後円墳と水利施設との関係

向日丘陵の前方後円墳の配置は水利施設と一致している。遺跡地図に書き込むとこうなる。
Photo_20200415071101
3グループに分かれていてそれぞれ水利施設と対応している。Aグループは弁天池の上にある。弁天池から水路は途中で物集女車塚古墳のよこを通る。この古墳もAグループとしてよい。Bグループはハリ湖池の上にある。Cグループは向日神社の境内地にあるが小畑川の井堰Dと対応する。

小畑川は中世にE地点から現在の流路に変更された。もともとは点線の流路をたどっていた。そのとき水路が整理されたようでわかりにくくなっているが、井堰(いせき)Dから出ている2本の水路のうち南側はもとの小畑川の河岸であり北側のものが古い水路なのだろう。この水路は途中でC地点から流れる水路と合流する。Cは向日丘陵の先端で、おそらくそこに湧水地があったのだろう。井堰はその水量を補完するためにあとから付け加えられたものだと思う。

いずれにしても前方後円墳が水利施設のそばにあることが分かる。これは水利施設を造成したときに出る土砂で前方後円墳を造ったことを示す。そして水路を拡張するたびに前方後円墳が付け加えられたのだろう。前回、古墳は初期の庭園だと述べた。庭園は気の出入りする龍穴を調整するものだ。龍穴は泉であることが多い。AもBもCも泉である。これを前方後円墳によって庭園化し調整しようとしたのだろう。そうすることで祖先の霊力と豊富な水とを護ろうとした。前方後円墳は墓というよりも水利施設の鎮守であるようにみえる。

おもしろいのは前方後円墳の役割がその後社寺に移ったらしいことだ。Aには水の守護である弁財天が祀られた。Bには宝菩提院があった。Cには向日神社がある。祖先霊と湧水をまもるための祈りは前方後円墳からこうした社寺に受け継がれてきたのである。

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

【祖山信仰と陰陽論7】地脈と前方後円墳の向き

わたしの住む向日(むこう)市の古墳群で前方後円墳と地脈との関係をみておきたい。
Photo_20200414114001
大きい順から8つをとりあげた。遺跡地図によれば8つのうち4つは消滅している。

  古墳名 推定年代 祖山
妙見山古墳(現在消滅) 古墳時代前期 嵐山ー愛宕山
元稲荷古墳(前方後方墳) 3世紀後半 (嵐山ー愛宕山)?
寺戸大塚古墳 4世紀 嵐山ー愛宕山
五塚原古墳 3世紀中後期ー4世紀前半 不明
北山古墳(現在消滅) 古墳時代前期 ポンポン山
芝山古墳(現在消滅)   不明
芝山2号墳(現在消滅)   嵐山ー愛宕山
物集女車塚古墳 6世紀 ポンポン山

1、3、7番の3つは嵐山を向いている。この地方で現存最大級の元稲荷古墳は少し方角が違う。わたしはこれも嵐山向きと考えてよいと思う。ここは向日神社の境内地だが、そこの尾根の向きと元稲荷古墳の向きはほぼ同じだ。古墳の向きは地形に合わせたとする説は尾根上の古墳群については当てはまるとわたしは思う。その点でいえば北向きの4、6番も尾根沿いであり、結果として嵐山を向いていると考えてよいだろう。

向日丘陵は南南東から北北西へほぼ一直線に起伏を連ね、やがて嵐山へ至る。そこはオオヤマクイを祀る松尾大社の聖地だ。そこから山脈は愛宕山へつながる。風水的には山脈は気の流れる地脈(龍脈)と考えられている。先祖が山に帰るという縄文風の死生観は山脈が気の通り道だとする風水的な世界観に受け継がれているように私は思う。

前方後円墳は地脈に沿って造られている。地脈の先には気の出入り口であり先祖の帰る場所である祖山がそびえる。逆にいえば祖山から地下を流れてきた豊富な気は前方後円墳から噴き上がると考えられたのだろう。気の出入り口は龍穴とも呼ぶが、その穴は泉となっていることが多い。そうした龍穴は後世では庭園として整備されることが多かった。庭園が龍穴を調整すると考えられたからだ。

古墳は古墳時代の庭園だったとわたしは思う。古墳を築くことで龍穴を調整しあふれ出る気を受けとって大地の生命活動を活性化させようとしたのだろう。これが古墳と地脈との関係である。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

【祖山信仰と陰陽論6】仁徳天皇陵古墳の祖山は比叡山か

百舌鳥古墳群の大きい順に6つの前方後円墳の向きを調べてみた。おもしろいのは古墳群最大の仁徳天皇陵古墳とその南の履中天皇陵古墳とが比叡山を向いていることだ。このふたつの古墳は海沿いぎりぎりの海岸段丘上に造られている。実は先にみた古市古墳群のある藤井寺からは交野丘陵にさえぎられて比叡山が見えないのだ。そこから西へ移動し海岸まで来るとちょうど見える。このふたつの古墳が海岸線に造られたのは、なんとか比叡山の見える場所を選んだからなのかもしれない。

なぜ比叡山を向いているのか。仁徳天皇陵を造った氏族は比叡山を祖山としたことになる。祖山は祖先信仰の霊地でありその氏族にとって重要な聖地だ。ならばこの氏族は比叡山周辺から移動してきたのかもしれない。

Photo_20200413082301
Photo_20200413074401  

それぞれの祖山は次のとおり。反正天皇陵古墳は愛宕山を向いているのだが、堺から愛宕山が見えるのかどうか確かめていない。また5番と6番は同じ向きなのだが、その先にピークが見当たらない。ピークに代わるなんらかの聖地を指しているのかも知れない。

  古墳名 推定年代 祖山

1

仁徳天皇陵古墳 440年頃 比叡山(848m)
2 履中天皇陵古墳 440年頃 比叡山
3 ニサンザイ古墳 460年後 岩橋山(658m)
4 反正天皇陵古墳 440年頃 不明(愛宕山?924m)
5 御厨山古墳 420年頃 不明
6 いたすけ古墳 410年頃 不明

 

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

【祖山信仰と陰陽論5】これまでのまとめ

2ヶ月ぶりに連載を再開する。なにを書いていたのか忘れたのでまとめてみた。

1.祖山の構成
二上山のふたつのピークに金気の神と土気の神を配置し雨ごいを行ったのではないか。
http://www.tukitanu.net/2020/02/post-d9ffff.html

2.祖山の構成
比叡山のふたつのピークも同様に使われたのではないか。このときはうまく解けなかったがオオヤマクイを金気、オオモノヌシを土気と考えれば二上山と同じ構成になるだろう。
http://www.tukitanu.net/2020/02/post-41083a.html

3.祖山の写しとしての前方後円墳
前方後円墳はこの祖山の構成を写したものだろう。天円地方の考え方から丸い方が天神、四角いほうが地神である。
http://www.tukitanu.net/2020/02/post-81d300.html

4.前方後円墳の向き
前方後円墳は祖山を向いている。四角いほうに立って丸いほうを眺めれば、古墳の先に祖山が見えるのではないかと仮説を立てた。古市古墳群で確かめたところ10大古墳のうち9つまでは二上山や信貴山など特定のピークの方向を向いている。
http://www.tukitanu.net/2020/02/post-81d300.html

引き続き百舌鳥古墳群で確かめようと宣言したところで終わっている。これは地図をいまコピーしたので確かめているところだ。たぶん同じ結果になるだろう。

各氏族特有の祖山があったのだろう。祖山は死ねば帰るところであり、こどもの命は祖山からやってくる。こうした祖先信仰の場所として祖山があり、その写しとして前方後円墳は造られたとするのが今のところの仮設である。

(つづく)

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

【祖山信仰と陰陽論4】古墳はどこを向いている?

 大阪平野の古市古墳群で調べてみた。ただしどうやっても正確にはならない。正確にならない理由は古墳の形が当初から変わっている可能性があること、地図に落とすときに誤差がでること、見えるピークが地図上の山頂と一致していない可能性があることなどだ。それでもある程度の傾向は出るだろうと思ってやってみたところある程度の傾向は出た。やはり古墳は特定の山とのつながりがあるようだ。

Photo_20200213101501
 古市古墳群の大きさトップ10を使った。古墳の正確な方向は決めづらい。おおよその方向を決めてそれを下の大きな地図に落とし込んだ。

Photo_20200213102801

 各古墳とつながりがあると思われる山は次のとおり。

  古墳名 祖山 築造推定年代
誉田御廟山古墳 金剛山(1125)  420年ごろ
仲津山古墳 信貴山(437)? 400
岡ミサンザイ古墳 生駒山(642) 500
市野山古墳 岩湧山(898) 470
墓山古墳 二上山(517) 410
津堂城山古墳 六甲山(932)? 380
前の山古墳(軽里大塚古墳) 二上山(517) 480
野中宮山古墳 二上山(517)? 400
古室山古墳 和泉葛木山(898) 380
10 野中ボケ山古墳 信貴山(437) 520

 大阪平野にはふたつの大きな古墳群がある。ひとつは今回使った藤井寺市の古市古墳群、もうひとつは堺市の百舌鳥古墳群だ。モズ古墳群で同じことをやってみるとどうなるか。これが結構おもしろい結論になる。それはまた次回に。

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

【祖山信仰と陰陽論3】古墳も陰陽になっている


 連載するつもりはなかったが長くなったので共通タイトルをつけてみた。


 比叡山は比較的新しい祭祀形態なので易を使ったのだろう。基本は雄山と雌山の対で陰陽を構成するものだと思う。だから比叡山の祭祀も古くは天神に相当する神がいたはずだ。叡山は天台密教によって聖地の上書きをしたので分かりにくくなっている。


 さて古墳が陰陽でできているというのは民俗学の分野では早くから言われてきた。たとえば渡邊欣雄は「風水、気の景観学」(人文書院1994)で前方後円墳が陰陽でできていると最初に言ったのは松本清張だとしたうえで、中国沖縄の亀甲墓が陰陽で構成されていることとも考え併せて松本説を支持した。


 最初これを読んだときほんまかいなと思ったものだが今では納得している。陰陽論は紀元前5世紀には成立していたわけだから、東洋の墓制が陰陽論からはずれるわけがない。


 ただし松本清張が前方後円墳の方向がまちまちであるのは暦のせいだとするのには賛成できない。古来、暦は木星の運行を中心に考えられた。マヤの暦が金星を中心にしていることとよく似ている。木星の公転周期、つまり太陽を一周するのに12年かかる。東洋ではこの5倍の60年を暦の一巡りとした。木星は暦の神様「大歳神」として祀られ、その位置する方向がその年の干支となった。だから古墳の方角がまちまちなのは干支や恵方など埋葬時の暦によるのだろうとした。

 しかしそれではおかしい。なぜなら大阪平野の前方後円墳で海の側を向いたものが見当たらないからだ。もし暦に従って方角を決めているのなら12方向のすべてがほぼ同数なければおかしいだろう。では暦ではないとすれば何が理由なのか。わたしは前方後円墳は山を指していると考えている。古墳は先祖の帰るべき神山の依り代として造られたのではないか。だから古墳は神山の方角を向いている。

 それを確かめるために古墳の向きと神山の位置をトレースしてみた。長くなったので続きは次回に。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧