建築探偵の写真帳

2021年4月19日 (月)

萩旅行、小さなコンクリート灯台

幕末の恵比須ヶ鼻造船所跡で小さな灯台を見つけた。戦前のものに見える。シンプルなかたちがモダンだ。コンクリートが風化したようすが美しい。

Img_0423
2021.03.18、山口県萩市

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

萩旅行、通りすがりに鉄筋コンクリート造の橋を見つけた

最近、アーチが路面の上にある鉄筋コンクリート造の橋があることを知った。聖橋のような上路式なら分かるが路面がアーチの下にある下路式だとアーチが壊れるのではないか。本当にそんな橋があるのだろうか、などと思っていたところ目の前にあった。うわっ本当にあるんだ、鉄筋コンクリート橋って。すごいなぁ。かっこいいなぁ。

Img_0430
2021.03.18、山口県萩市

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

雨の日の五重塔は怪鳥に見える

雨がふって薄暗い。傘の陰から見上げた五重塔が怪鳥に見えた。今にも動き出しそうな気がしてこわい。これって室町時代の塔なんだそうだ。思っていたより古い。光明皇后の発願だそうだ。そんなことも知らなかった。

Img_05652
Img_0564
2021.03.21、奈良市、興福寺

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

なんば高島屋の神殿

大坂難波の高島屋百貨店は改装が重ねられていて店内を歩いても古そうなところがあまりない。ひょっとして屋上なら何かあるかもと思って行ってみたところこれがあった。これは外からも見えていたが、近くで見ると神殿みたいでかっこいい。フェンスで囲われて近づけないのが残念だがいいものを見せてっもらった。

Img_0638
2021.05.07、大阪市「なんば高島屋店」

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

シカを恐れよ

奈良公園のシカ注意の看板がなかなかおもしろい。イラストがかわいいいので、つい読んでしまったが内容は結構こわい。「かむ」「突進」の被害者が高齢者で「たたく」「突く」の被害者が女の子だ。怖いなぁ。

Img_0555
2021.03.21、奈良公園

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

上京区の洋館

建築士事務所協会へ用事で行くとき毎回道を変えている。10分くらいの距離だけどいろいろ発見があっておもしろい。今回はこんな石貼りの洋館を見つけた。

石の厚みが10センチくらいなので石貼りだと思った。中身は木造だと思うがひょっとしたら鉄筋コンクリート造りだろうかね。違うよね。という逡巡を重ねながらボヤーと建物を見上げる時間が好きだ。

窓がモダンなので昭和5年くらいだと思う。入り口が大正時代風のマンサード屋根風なのはなぜか。赤い屋根がかわいい。丁寧に修理されており大切にお使いなのが分かる。
Img_0604
2021.03.31、京都市上京区

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

京都駅に架線柱はない

京都駅のホームで列車を待ちながら上屋の鉄骨トラスを愛でていたところハタと気づいた。あっれー、これだけ架線があるのに架線柱がホームに無いよ。普通ならば鉄骨やコンクリート製の柱が線路わきやホームの上に立っているのに京都駅では見渡す限りそれが1本もない。とても不思議だ。というわけで確かめてみた。連絡橋から見下ろすとなんと屋根の上に短い架線柱が載っているのである。ホームの鉄骨柱の真上なので荷重は受けやすいのだが、ちょうどトユが通っており単純に溶接やボルト締めでつないでいるようには見えない。謎は深まるばかりだ。

Img_0410
2021.03.13、京都駅

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

塩屋めぐり(8)左官文字

なかなか見事な左官文字だ。いわゆるコテ絵と呼ばれるもので相当な技量が無ければこうはできない。洋館は塩屋の木造文化の華だが、その仕上げの相当部分を左官職が担ってきた。この看板にそのことに対する自負を感じる。今でもかつての職人技が地域に残っているとよいのだがそこまでは今回の散策では分からなかった。また歩いてみたい。

Img_0286
Img_0287
2021.02.21、神戸市垂水区塩屋

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

塩屋めぐり(7)塩屋4丁目の洋館

もとはいわゆるドイツ壁と呼ばれるモルタル書き落とし仕上げだったのではないか。大正から昭和初期のものに見える。外装とサッシュは新しくなっているがほぼ旧状を保っている。屋根も吹き替えられており洋館らしさを残しながら大切にお使いになっているのがよく分かる。

Img_0285
2021.02.21、神戸市垂水区塩屋

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

塩屋めぐり(6)塩屋4丁目の細い家

ここは道路を拡幅したときに農地が売却されて宅地になったのだろう。変形プランでありながら無理のない構造となっているのがすごい。相当の技量であるのは間違いない。昨日ご紹介した(5)は昭和初期から戦後直後のものに見えるが、これは少し遅れて高度成長期のものだろう。昭和初期から高度成長期まで木造文化の黄金期は続いていたことが分かる。

Img_0284
2021.02.21、神戸市垂水区塩屋

| | コメント (0)

より以前の記事一覧