建築探偵の写真帳

2019年12月 6日 (金)

野江の橋灯

 大正時代の野江橋のものらしいが確かめていない。小学校の校庭に遺されている。鋳鉄製の愛らしいもので根本にはチューリップの花びらのようなアールヌーボー風の飾りがついている。なかなかよくできている。

 こうした街路の鉄製品は戦時中の金属供出で失われたものが多いのでこうしてオリジナルが残っているのはとても珍しい。わたしの知る限りでは大阪府下ではこれぐらいではないか。

Img_70452
2019.11.23、大阪市立榎並小学校

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

大丸ヴィラのレンガ刻印

 大丸ヴィラ横の地下鉄入り口はレンガ塀の一部を切り取って作られている。従ってレンガ塀の切断面が両側に見える。ひょっとしてレンガ刻印があるかと思って探したらあった。「ワ」と読めそうだがよく分からない。ネット検索したらすでにレンガマニアの報告があった。おそるべしレンガマニア。ちなみにこの地下鉄入り口は冨家事務所の設計である。

Img_7116 Img_7115
2019.12.05、大丸ヴィラ、ヴォーリズ設計、1932年竣工

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

阪急淡路駅の連絡通路

 淡路駅の両側をつなぐ線路下の通路で人通りが多い。いまでも戦前の面影を残している。湿気が多くて塗装の劣化が激しい。見えないところの水路でもあるのかも知れない。このカビくささもまた独特の雰囲気を作り出している。

Img_70382
Img_7037
2019.11.23、阪急淡路駅(1928)

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

山科文化教室

 山科へ行ったので前から気になっている建物の写真を撮ってきた。きれいにメンテされていて文化教室としてお使いのようだ。住宅としては背が高いので最初から教室だったのかも知れない。右側が増築なのが見て分かる。今は玄関が左側にあるが元は増築部分にポーチ付きの玄関があったのかも知れない。見たところ昭和初期のもの。オイルステンの下見板張りと赤い釉薬瓦のコントラストが美しい。

Img_7030
2019.11.22、京都市山科区竹鼻堂ノ前町

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

京阪野江駅を見てきた

 友人が野江駅がよいというので見てきた。ロマネスクの地下礼拝堂のようでなかなかよい。高架化とともに造られたようだ。アーチにはロマネスクではなくもっと未来的なイメージがあったようだ。駅舎は建築と土木の領域の境界にあるが、土木的な未来イメージは建築的なそれと少しずれているらしい。そこがおもしろいと思う。

Img_7062_20191129051301
Img_7061

Img_7065
2019.11.23、京阪野江駅(1931)

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

ガラスの列柱を見つけた

 ガラスの列柱越しに大阪の雨が見えた。柱の1本づつにも逆さまの大阪が映っている。暗いため写真が青くなったのもおもしろい。

Img_6742
2019.10.24、大工大21階「菜の花食堂」

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

モザイクタイルの窓枠飾りを見つけた

 2階窓の縁飾りが漆喰のかわりにモザイクタイルで仕上げられている。初めて見たがこのあたりでは普通にあるという。そういえばこの町の下流の八鹿では、1970年大阪万博ごろの陶器質タイルをよく見かけた。先に見た型ガラスもそうだが、戦後の生活様式の変化と需要の過程がタイルの使い方に現れているのではなかろうか。

Img_6717
2019.10.19、兵庫県養父市関宮

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

岡山駅のプラットフォーム上屋

 きれいな木造トラスだ。キングポストなかほどから両側の柱にかかる長い筋交いは最近付けたものだろう。あまり利いているように見えないので応急的なものだと思う。おもしろいのは柱をつなぐハシゴ状の桁。ハシゴの上部に板が挟み込まれている。ある程度長さのある板のようで、これでハシゴが変形しないように押さえている。よそであまり見ない形だ。鉄骨の上屋にハシゴ状の桁があるが、それを参考にした工夫に見える。鉄材の不足した戦時中から占領中のものなのかも知れない。

Img_66252
Img_6626
2019.09.29、岡山駅

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

直島で笑う狛犬と出会った

 訳あって瀬戸内海の島に来ている。さっそく浜に面した神社に詣でたところ、笑う狛犬の出迎えを受けた。フレンドリーな土地柄だ。慶應元年とあった。

0bba03260c7e4366b60b11bebf69efce

2019.09.28、香川県直島住吉神社

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

水路にもうひとつの空が見える

 近所のこの水路には空がよく映る。映り込み画像は彩度が上がるから実像よりもはっきり見えるわけだが、この水路の空はこっちが本物ではないかと思うほどきれいだ。地面がすーと割れて空が見え、自分が宙に浮いているような不思議な体験ができる。

Img_65422
2019.09.18、京都府向日市

| | コメント (0)

より以前の記事一覧