水彩スケッチ

2021年3月22日 (月)

雨の南円堂はとくによい

雨の昼下がり、境内に誰もいないので大好きな南円堂を独り占めだ。それがうれしくてスケッチした。道具がないのでノートにシャーペンだ。手水舎の下で雨音を聴きながら描いた。なんて贅沢な時間なのだろう。

210321
2021.03.21、興福寺南円堂(奈良市)

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

萩の下横瀬公民館

元は明木(あきらぎ)村立図書館(1928)で1959年に現在地へ移築されて公民館となった。縦長の窓は部屋の奥まで光が届くので明るい閲覧室だったろう。花壇にちょうど黄水仙が咲き乱れており今も大切に使われていることが伝わる。幸せな建築である。背の高い下見板張りの建物で赤い石州瓦がかわいい。

210319
2021.03.19/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/山口県萩市

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

萩の旧明倫小学校

かの吉田松陰も教えた藩校「明倫館」を受け継いでいる。昭和10年の建物で見かけは洋風だが細部は和風という「和魂洋才」を絵に描いたような建築でおもしろい。同じ長さの校舎が4棟並ぶ連棟式校舎で一時は児童3000名もいたという。なぜ萩がそれほど人口が多かったのだろう。2014年に小学校は隣接する新築校舎に移転し。ここは観光拠点として順次整備されている。ミュージアムがあるがなかなか見ごたえがあった。さすが萩である。

21031
2021.03.18/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/山口県萩市「旧明倫小学校」

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

大覚寺の心経宝塔を描いた

多宝塔があると描きたくなる。ここは高い基壇の上にそびえているので描きやすい。線描き11分、色塗り12分だった。描くのが早くなったような気がする。ペンは使っていたピグマの0.5がかすれてきたので新しく買ったコピックの0.3を使っている。細めの線がおもしろい。

古い塔かと思ったが帰って調べると昭和42年築らしい。木造だとばかり思っていたが鉄筋コンクリート造だそうだ。伸びやかな美しい塔なので設計者が知りたい。

Img_0244
2020.02.20/ヴァフアール紙粗目F3 、グラフィックペン0.3、固形透明水彩 /大覚寺心経宝塔

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

旧グッゲンハイム邸を描いた

バルコニーを巡らせた異人館スタイルだ。手すりの模様が東天閣(旧ビショップ邸)に似ていると思った。ほとんどの建具が引き戸なのがおもしろい。線描き20分、色塗り15分。

210211
2021.02.11/ヴァフアール紙粗目F3 、グラフィックペン0.1、固形透明水彩/神戸市垂水区塩屋「旧グッゲンハイム邸」

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

秋篠寺でスケッチ描き初めをした

ありあわせの紙とボールペンでスケッチした。シンプルな構造と緩勾配の屋根が美しい。

中に仏像がたくさん納められていて至近距離で拝観できるのがすごい。伎芸天と帝釈天は頭部が天平時代の乾漆製で興福寺の阿修羅に似た見事なものだった。日光月光の両菩薩は平安初期とされるがゆったりした宋風にも見える。鎌倉彫刻のような動きがあり今にも話し始めそうな菩薩様であった。
Img_9820
2021.01.11、奈良市「秋篠寺」

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

3枚続きのスケッチを初めて描いた

はがきサイズを3枚並べて描いた。こうした方法があるのは師匠から教わっていたが描くのは初めてだ。パノラマ風の景色が描けてなかなかおもしろいぞ。
201219_20201225193101  
2020.12.19/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.1、固形透明水彩/ 養父市八鹿「長寿の里」にて

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

雪をかぶった茅葺き屋根をスケッチした

兵庫県立但馬長寿の里にはふるさと庵という民家建ての研修施設がある。茅葺き寄せ棟の大きな屋根がかっこいい。雪をかぶった姿もとてもいい。

雪の描きかたは線描きでふんわりした雪を描いて青っぽいインジゴで影を入れた。いつもは空は塗らないことが多いが白が目立つようにグレーを薄く塗ってみた。雪景色は難しいわけではなく誰でもすぐに描けると思う。教室のみんなも描けていたしね。

201219_20201224214301
2020.12.19/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.1、固形透明水彩/ 養父市八鹿「長寿の里」にて

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

2020年の養父スケッチ教室の終わり

大雪の後だったので雪景色をスケッチすることができた。最後にみんなの作品で作ったカレンダーをいただいた。なかなかかわいいぞ(非売品)。

Img_9758_20201222084601
201219_20201222090001
Img_97472 
2020.12.19、兵庫県養父市八鹿「長寿の里」にて養父スケッチ教室
 Img_9760
2021年カレンダー

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

生れてはじめて雪を描いた

12月の養父スケッチ教室は雪だった。雪は描いたことがなかった。雪を描くのは難しいという先入観があった。でもやってみたら案外簡単にできた。スケッチは風景画ではないのだから、雪と向かい合えばなんらかの絵が描けるわけだ。とりあえずやってみるのがよい。
201219
2020.12.19/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.1、固形透明水彩/ 養父市八鹿「長寿の里」にて

| | コメント (0)

より以前の記事一覧