水彩スケッチ

2022年9月 5日 (月)

生駒ビルは五角形

スケッチ教室でわたしは2枚描いた。ハガキサイズだと1枚20分くらい。夏バテで力が出ないので線の勢いもないし形のとりかたも鈍っている。それはそれでおもしろい。

今さらながら生駒ビルの平面が五角形であることに気づいた。生駒時計店のマークは駒形に「生」の字だ。駒形は将棋のコマに見るように五角形である。駒形は陰陽五行の天地の理に従う正統であるというくらいの意味だろう。だから江戸時代の公告の駒札も五角形だ。

生駒ビルのマークは中央装飾の一番上にある。駒形は緑色だ。緑は木気の色なので春を象徴する。五行に従って春に生まれるというおめでたいマークなのだろう。ビルが五角形なのも角地だからというだけではないように思う。
220903
220903_20220905073701
2022.09.03/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/大阪市中央区

| | コメント (0)

2022年9月 2日 (金)

屋根葺き師は知恩院三門に感動する

屋根葺き師研修会で唐破風の製図講習をしている。会場は清水坂の旧清水小跡の裏という文化財の宝庫みたいな土地なので唐破風を探しに出や。高台寺の月見台や青蓮院の大玄関など見学してきた。知恩院の三門に若い屋根葺き師たちが感動していた。大きいというだけで興奮するのがおもしろい。きょうは研究会最終日なので課題を仕上げたあと日野の法界寺を見てくる。

Img_3886
2022.08.30、知恩院前のカフェにて

| | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

粟津演舞場をスケッチした

40分くらい描いて時間切れとなった。師匠はよくどこでやめても絵になるようにスケッチしろと言っていたことを思い出す。昭和初期の木造劇場。有志により修理され使えるようになったという。設計は小松出身の建築家・安井禎夫。登録文化財。
220824
2022.08.24/ヴァフアール紙粗目F6、グラフィックペン0.5、固形透明水彩 /石川県小松市粟津温泉

| | コメント (0)

2022年8月23日 (火)

日銀大阪支店をスケッチした

前から描きたかった。向いの市役所のフェンスに腰掛けて描いた。これで30分。

描いてみて水平が強調されていることがよく分かった。パラペットから上が銅張りで、その下が白御影石貼りのきれいなツートンになっている。そのためにすっきりとした印象を与えてくれる。同時に壁面にタテのラインがほとんどない。水平を強調するのは武田五一の特徴だが、それは師匠ゆずりだったことがよく分かった。

外壁保存で中央ドーム下の貴賓室だけ復元されている。ここまで残すなら内部を解体する必要はなかったろうと思う。

220820_20220822073201
2022.08.20/ヴァフアール紙粗目F6、グラフィックペン0.5、固形透明水彩 /大阪市

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

スケッチは2枚目がよいという謎

スケッチは2枚目がよいと思う。1枚目は初めて描くものなので、どうしても恐る恐る探りながら描いている。2枚目は一度描いて形を覚えているので絵に勢いが出る。3枚目は2枚目とさほど変わらない。こうやって描いた順にならべいぇみるとそれがよく分かると思う。まあ、1枚目のびびりながら描いているのもおもしろいけど。

2208201枚目
220820_202208220606012枚目
220820_202208220606023枚目
2022.08.20/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/大阪市中央区北浜レトロビル

| | コメント (0)

2022年7月22日 (金)

強運の「孟宗山」を描いた

ゆっくり作っているように見えて、見ているあいだにどんどんできてくる。筋交い部分の蝶結びが始まったので2枚目を描いた。1枚描くのに30分くらいなので、朝から順を追って描いていってもおもしろいかもしれない。今年、孟宗山は巡行の順番が山の一番だったと喜んでいた。「一番とは珍しいですね」と大工型の棟梁に話を向けると「そうでもない。わりと一番はよく引く」とおっしゃっていた。強運な山である。山を解体するときに軸組をむすびつけている縄を小刻みにしてお守りとして希望者に分けるそうだ。わたしもあやかりたい。

Img_3705_20220722082601
Img_3742
2022.07.15/ヴァフアール紙粗目F6、グラフィックペン0.5、固形透明水彩 /山鉾建て「孟宗山」

| | コメント (0)

2022年7月20日 (水)

養父公民館のカフェ「はなびより」をスケッチした

久しぶりの室内スケッチ。スケッチするとその店がよく分かる。はなびよりは花屋さんがオーナーなだけに店内に多肉植物やドライフラワーが多く居心地がよい。ランチは鶏肉団子のトマトシチューだった。季節野菜満載でおいしかった。次はカレーを食べてみたい。ごちそうさまでした。

Img_37162
Img_37152
Img_37172
2022.07.16/ワトソン紙A4サイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/兵庫県養父市

| | コメント (0)

2022年7月11日 (月)

神戸税関をスケッチした

前からスケッチしたかった。学生たちと神戸へ行ったので見学コースを抜けてスケッチした。角の丸いところが難しくてゆがんでいる。ゆがんでいるけれど学生たちは「すごーい」と言ってくれる。考えてみればともっとゆがんでもよかった。また今度スケッチしたい。武田の弟分である大熊喜邦の作品。

Img_3697
2022.07.10/ヴァフアール紙粗目F6、グラフィックペン0.5、固形透明水彩 /神戸税関

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

中之島図書館でスケッチ教室を開いた

朝から気温がうなぎ上りなので、日陰をもとめて図書館前へやってきた。市役所の玄関ポーチが風通しもよくて気持ちよくスケッチできた。スケッチ教室始まったばかりだけど、それぞれ個性化の方向が見えて興味深い。

カルチャーハウス香里園
https://culture-house.com/course-type/606719216d23ff001b4c4088

Img_3661
Img_3662
Img_3663
2022.07.02、大阪市北区中之島、大阪府立図書館

| | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

中之島図書館をスケッチした

思っていたより描きやすかった。もっと晦渋な建物だと勘違いしていた。描いてみたらシンプルでいかめしさのない優しい建物だと分かった。

陰で描いたのでさほど暑くは無かったが腹が減って力が出ない。そんな脱力系のスケッチになった。F6の大きな画面には慣れた気がする。案外描きやすい気もする。これで1時間くらい。

Img_3664
2022.06.04/ヴァフアール紙粗目F6、グラフィックペン0.5、固形透明水彩 /大阪市北区、大阪府立中之島図書館

| | コメント (0)

より以前の記事一覧