水彩スケッチ

2018年7月15日 (日)

グリーンその3‐有終館

 グリーンの作品は明治17年の彰栄館に始まり、明治19年礼拝堂、明治20年有終館と続く。有終館が同志社におけるグリーン作品の最後となる。彰栄館にアメリカ製の時計が入ったのも同じ明治20年で、この年がグリーン作品のエポックであるし同時に今出川キャンパスの完成でもあった。その後に続くそうそうたる建築家たちもグリーンと新島の初志を受け継ぎ田園都市を造り続けた。

 これもグリーンらしい建物だ。ここでは壁厚を調整することでバットレスと同じ補強効果を生み出そうとしている。それをデザインに活かして壁面に凹凸の表情をつけた。また焼き過ぎレンガを初めて使ってみせてレンガの模様積みを多用している。レンガという構造材そのものをデザインの主要素とするあたりがグリーンらしい。

180710
2018.07.10/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/同志社有終館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

グリーンその2‐礼拝堂

 グリーンがあまり評価されないのはその素っ気なさに原因があろう。でもわたしはそれこそ彼の魅力だと思う。それはこの礼拝堂にも如実に表れている。彼のデザインは建物を飾り立てることの真反対を行く。無骨といえるほどの質実剛健さは、必要なものを必要なだけ与え給えという信仰の発露ではないのか。

 この建物の魅力は側面に並ぶ控え壁だ。それが心地よいリズムを作ってくれる。正面ポーチも控え壁によって複雑な陰影が生まれる。構造的に必要な控え壁を積極的に利用してデザインの要としているのだ。彼のデザインは「用」と「美」が一致することにある。それはラスキン流の中世主義そのものだろう。

 わたしはグリーンは中世主義者だと思う。グリーンは建築家である前に同志社を指導する宣教師であった。わたしは同志社の中世風のキャンパス計画は初期の同志社が中世主義的な世界観を有していたからではないかと考えている。


180710
2018.07.10/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/同志社礼拝堂背面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

祇園祭の鉾建てをスケッチした

 ちょうど祇園祭の鉾建てが始まっていたので建築学校の1年生でスケッチに行った。骨組みはタペストリーに覆われてすぐに見えなくなってしまうので今しか見れない。みんなは長刀鉾やら船鉾やらの骨組みを思い思いにスケッチしていた。

 わたしは授業が終わったあとも残って放下鉾(ほうかぼこ)の鉾建てを見てきた。鉾建てを観るのは初めてだった。想像していたような手順だったが驚いたことも多かった。丁番部分の動きかたや、ワイヤーを両側にかけて建ること、真木(しんき)を四方から支える丸太を金物で締めあげることなどおもしろかった。


Img_3041
2018.07.12/スケッチブックB5、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/放下鉾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

グリーンその1‐同志社彰栄館

 今回のロケは同志社だ。ものすごく暑かった。これはまだ朝一番のスケッチなので、ちょっと天気がよいくらいの感じになっている。それでも日に当たっていると暑い。絵の具もシュッと乾いて気持ちがよい。

 グリーンは残念ながらほぼ忘れられた建築家で、同志社でもとくに有名というわけではなかった。新島襄を支えた武闘派の宣教師で同志社創設にも深くかかわっていたはずなのにいまだに無名だ。作品について高い評価を見たことがない。でも見たとおり、とてもおもしろいのだ。

 グリーンと新島はここに中世風の田園都市を作りたかったのだと思う。それがこのゴシックリヴァイバルの建物に表れているとわたしは思う。この建物で注意したいのは、この正面の窓が二重アーチになっていること。構造上の補強を意匠に役立てている。用と美が直結しているのがグリーンだ。


180710
2018.07.10/ワトソン紙ハガキサイズ、0.3グラフィックペン、固形透明水彩/同志社彰栄館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

ゾウさんの線香立て

 宝物館のなかに五重塔の大きなモデルが安置してあり、その前に据えられている。長さ30センチほどで木彫に彩色したもののように見える。全体が白くて眉と口元に朱がさしてあり、なかなか愛嬌があってかわいい。以前も描いたことがあったと思うが、今回も描いてやった。

 描いていると年配の女性が寄ってきて見ている。わたしもこんな風にさらさらっと描きたいと言う。素直な感想だ。わたしは絵が描けないので写真にしたと言って首から下げた一眼レフを掲げて笑っていた。誰でもこれくらい描けますよと答えておいたが、実際にこうやって「さらさらっ」と描けるようになったのは私の場合200枚くらい描いたころからかな。続けていると自然に描けるようになるものだと思う。これで5分くらい。


180701
2018.07.01/クロッキー帳はがきサイズ、0.5シャーペン2B/奈良市元興寺


 どこから描き始めたかお分かりだろうか。目からだ。目>牙>鼻>頭>耳と描いて胴体と足を付け足していった。わたしは部分を描き足していって全体へ展開させる。それは何を描いてもそうだ。普通は全体の割り付けをしてから細部へ降りていく描き方をするらしい。やってみたこともあるがわたしには難しかった。人それぞれ自分に合った描き方があるので、それはどっちでも構わないと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

元興寺(がんごうじ)の側面

 1枚目は門の外から描いているので着彩したが、境内は絵の具は禁止だ。絵の具を使わなければスケッチOKということなのでエンピツ描きした。元興寺は側面も美しい。こちらから見ると柱の上の組み物がよく見えて寺院建築っぽい。正面から見るとこの組み物がよく見えないので住宅風の柔和な印象を受ける。ひとえに前面に回廊が付け加えられているせいだ。いったいこの回廊はいつ誰が付け加えたのだろう?

 エンピツ描きだと迫力に欠ける。絵の具の力は偉大だ。これで20分くらい。エンピツ描きでももっとギュウギュウ描けば迫力も増すのだが、暑かったのでこの程度になっている。

180701


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

元興寺(がんごうじ)はとてもいい

 何度見ても屋根がきれいだ。入り口の障子の高さは1.8メートルほどしかなくとても低い。それは極楽坊という僧坊に覆い屋のように屋根をかぶせたから、元の僧坊のスケールが残っているのだ。欄間の斜め格子も繊細で優雅だ。この欄間のデザインも仏殿というより住宅風で親しみやすい。

 これで20分くらい。暑いので絵の具がシュッと乾いて描きやすかった。

180701
2018.07.01/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/奈良市、元興寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

旧養父郡酒造主屋を描いた

 元造り酒屋の主屋だ。大正から昭和初期に見える。なかもさぞかしすごかろう。この主屋の右にトトロの蔵がある。そしてさらに奥に壮大な元酒蔵が残っている。八鹿町は描くところがたくさんあってよい町だ。

1806163
2018.06.16/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

八鹿町のクリーニング屋さん

 前に下見をしたときに見つけておいたクリーニング屋さんを描いた。下見板張りのかっこいい建物でペンキがはがれた感じもよろしい。最近、夏の空がきれいなので青く塗ってみた。わたしのスケッチで空を塗っているのはレアである。これで25分くらい。

1806162
2018.06.16/ワトソン紙ハガキサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/兵庫県養父市八鹿町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

大好きな二月堂をスケッチした

 大きな絵を描こうとしているわけだが、とりあえず大きな絵にはなっていると思う。もっと大きな絵が描けると思うが、そのためには対象物を小さく描いて風景をワイドレンジにしたほうがよいのか、それとも対象物をもっと大きく描いて高低差を強調したほうがよいのか。たぶん後者だな。次はそうする。

 これで1時間くらい。とても暑かったが影に入って座って描けたので楽だった。


Img_2979
2018.07.01/マルマンスケッチブックA3、4Bホルダー、固形透明水彩/東大寺二月堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧