日記・コラム・つぶやき

2018年8月31日 (金)

田村川は冷たくて気持ちよかった

 田村神社から田村川へ下りる階段がある。みそぎのためだろう。ここは川が彎曲しており、田村神社の下はおおきんあ岩であることが分かる。もともとその岩がご神域だったのだろう。あまりにも暑かったので川へ足を入れたところ、とても冷たくて気持ちがよかった。夏休みらしい旅ができて楽しかった。


180825_2
2018.08.25、滋賀県甲賀市土山田村川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

艦これ近況

 オンラインゲーム「艦隊これくしょん」はこの8月に大型リニューアルをして24あった攻略マップ全てがリセットされた。ということでまた一からやりはじめている。正直めんどくさい。もう5年もやっていてこう言うのも何だが、このゲームは時間を忘れて熱中できるようなものではなく暇つぶしにやるものだ。ようするに地味なのだ。おもしろさは単に地道なレベリングで、配下の艦娘がレベルアップすると地味にうれしい。艦これはカードゲームだと思っていたが本当は育成ゲームなののかも知れない。現在、艦隊レベルは104の大将。タウイタウイ泊地所属。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

聖徳太子のころの科学と仏教

 聖徳太子のころ、仏教と科学とは一体化していた。技術を仏教から切り離して国家が管理することに朝廷は失敗した。それは奈良時代の八省に工部省が無いことで分かる。工部省は科学技術を管理する省庁だ。これがなければ軍事も作事もできやしない。結局藤原氏は仏教勢力を取り込むことに失敗し、日本はその後長く科学を仏教勢力にゆだねることになる。なぜか。

 一体化という言葉は誤解を招きやすい。この言葉には科学と宗教とがもともと別々のものだというニュアンスがある。そうではない。科学はバラバラな知識が体系化したものだ。知識をひとつにまとめることによって初めて科学は世界を明らかにする力を得る。知識はバラバラなままでは世界にまで届かないのだ。そのまとめる力が仏の教えなのだと私は思う。

 仏の前では人はみな平等であるという教えが知識を統合し知識を科学へと押し上げる。だから科学は仏教と切り離してはいけない。切り離したとたんに科学は世界を明らかにする力を失ってしまうだろう。それは西洋科学がキリスト教と一体化していたことにとてもよく似ている。西洋科学がキリスト教的な価値観の呪縛からいまだに解き放たれないこととよく似ている。

 東洋科学は仏教的な価値観をベースに独自に発展したと考えてよい。宗教的な価値観は世の東西を問わず必ず科学のベースにある。それは科学の倫理性といった狭義のものではなく、科学を科学たらしめている根本に据えられるべきものだろう。そんなことを考えている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

石田ファームのソバ打ち会に行ってきた

Img_1916

 石田さんに誘われたのでソバ打ち会に行った。ソバ職人のマー君が指南役で、初歩からしっかり教えてくださった。おかげで初ソバ打ちであったにも関わらず見事にソバが打ち上がった。

 さっそくいただいたところ、思った以上にコシがある。ツルリとしながらも弾力のある食感でソバの香りがほのかにする味わい深いソバになっていた。

添えてくださったソバツユが絶品だった。カツヲ出汁が利いていてザラメの甘さが醤油の旨みを上品に引き立てていた。そのソバツユが固めの麺によくからんでうまかった。

Img_1919
2018.02.11、京都府長岡京市「石田ファーム」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

 元日は両親を訪問した。老いたと笑っていた。確かにそれはそうだが、まだまだしっかりしている。わたしがテレビに出ていることを喜んでくれていた。少しは親孝行になっているのだとすればわたしもうれしい。


Img_1574
2918.01.01、初日の出、自宅にて

 さて恒例の新年の抱負である。昨年は「ダイエット」「ライターの仕事を増やす」「旅行」「オープンカフェ」の4つだった。まずは昨年の反省をしておく。

 昨年の反省 ダイエット
 特定保健指導でスポーツジムのただ券をもらったのをきっかけにジムの会員となった。週2回のペースで通っている。おかげで腰痛が治った。うそのように治った。

 秋になって医療保険と生命保険の見直しをしたところ高血圧がネックで加入できないことが分かった。それ以来、減塩とダイエットにいそしんでいる。年末からは高血圧治療薬の投与も受けてようやく正常に戻りつつある。

 昨年の反省 ライターの仕事を増やす
 京都府建築士事務所協会の機関誌「すじかい」(季刊)で2本の連載を担当している。担当理事として「すじかい」へのテコ入れとして始めたが、これも有償なのでライターの仕事は多少は増えたと言えるだろう。

 「京都の風水地理学」は作春無事に出版できた。これは一昨年にオファーを受けていたので仕事が増えたわけではないが、実績は残った。成果のうちに入れてよいだろう。

 また、近代建築ガイドブックと風水本のおかげでカルチャーセンター講師の仕事がふたつも舞い込んだ。ガイドブックが縁で出演したKBSの「京都建築探偵団」も、もう一年続けることになった。また、年末にMBSから近代建築紹介の単発コーナーの出演依頼があった。これもガイドブックのおかげである。ライターの仕事は思うほど増えなかったが、関連して講師やガイドの仕事が増えたのはうれしい。

 昨年の反省 旅行に行きたい
 娘の結婚式で東京へ行った。かみさんとふたりで式場の品川あたりと上野公園を歩きまわれたのは楽しかった。上野の国立博物館へ初めて入った。思っていたよりモダンで見ごたえがあった。谷口吉郎の東洋館もおもしろかった。

 昨年の反省 オープンカフェ
 京都府建築士事務所協会の担当理事として栗原邸を特別公開することができた。屋上カフェは好評で、わたしもしばし山科の眺望を楽しむことができた。ある意味、オープンカフェは実現したとも言える。


 年頭の抱負通りに事が運んだわけではないが楽しい一年だった。これからの一年もそうありたい。その気持ちを心に刻むために今年の抱負もメモしておく。


 本年の抱負 春までに減量を果たし特定保健指導の対象からはずれる
 ジム通いを続けて減量を果たし、春の健康診断で優良な結果を出す。

 本年の抱負 講師の仕事を増やす
 今年は5つの学校とふたつのカルチャーのほかに個人のスケッチ教室とパース教室の講師を担う。ガイドはまいまい京都とふたつのカルチャーで担う。あわせて現在12講師。プロの非常勤講師と呼ばれている。

 春からパース教室大阪支店の開講を用意している。大学もひとつ増えそうなので16講師にはするつもり。

 本年の抱負 個展を開く
 すでに画廊の予約をしている。3月21日(水祝)-25日(日)の予定だ。スケッチの販売もする。お楽しみに。

 本年の抱負 ライターの仕事を増やす
 持ちネタが風水とか近代建築とかなので編集者に理解してもらうのが難しい。出版社へ企画を持ち込むとか、建築史学会に論文を投稿してアピールするなど、少し考えてみる。

 本年の抱負 正直言って建築の仕事がしたい
 設計を2年ほどしていない。調査業務は毎年あるので今年もあると思うが、修復や新築の設計をしたい。依頼を待っても来ないので、勝手に設計してブログに載せようかと思っている。

 本年の抱負 釣りに行きたい
 昨年は1回しか行けなかった。本年は休みをちゃんと取ってちゃんと釣りに行きたい。年に4回は行きたい。


 Photo
2018年年賀状図柄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

緑に燃えるキャベツ

 机の上のキャベツが緑色に輝いていた。刈り取られてもまだ光合成を続けているのだろうか。思えば葉緑素のおかげでわたしたちは酸素を得ている。葉緑素は偉大だと思った。

Img_1403
2017.11.28、自宅にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

福島県の起き上がり小法師

 建築士事務所協会の和歌山大会の懇親会で、福島会のかたからいただいた。郷土人形だそうだ。素朴な造形でとてもかわいい。

 福島会は再来年の大会担当で、復興の進む福島県を見に来てほしいとおっしゃっていた。福島大会は2011年に予定されていたが震災で開かれなかった。ようやく念願の福島大会を開くところまできたわけだ。わたしも福島県へ行ってみたい。


Img_1053
2017.10.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

人間型端末

 観測機のひとつになった心持ち 見上げた空のたよりなさ

 仕事がはかどらず、仕事場を逃げて豆乳バナナのパックを吸いながら見上げた曇天が何の意味も持っていないように見えた。自分は「涼宮ハルヒの憂鬱」のヒューマノイドインターフェイス長門と同じで、自分の観測したものを統合思念体にただ伝えているだけではないか。

 あのとき見上げた空は忘れられない。といいながらすぐ忘れるだろうからここに書いておく。もちろん写真などはない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

自著を探せ「京都の風水地理学」

 ブックファースト大宮店は今でも顔見せで置いてくれている。今でも売れているのだろうか。アマゾンの「京都歴史散歩」ジャンルでは今でも10日に1度くらい1位になる。ネットの反響が少ないわりには売れ続けている。

 出版から5か月目を迎えた。どこにも書評も書かれないまま初期バーストが終了したが、かといって退場するわけでもなく少しづつ売れている。変な売れ方だ。


Img_0740_3

Img_0741
2017.09.04、京都市阪急大宮「ブックファースト大宮店」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

名古屋で風水講座を開く

 中日文化センターから声がかかって月イチで風水講座を開くことになった。出版のうれしい反響のひとつだ。初回は10月16日(月)午後1時より。途中休んでも大丈夫なように各回で話を完結させる予定だ。楽しい風水講座にしたい。

中日文化センター 円満字洋介「京都の風水地理学」(参照

11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧