2024年6月17日 (月)

天理大学黎明館

下見板張りの建物で、周囲にテラスが巡っている。屋根の端が折り下がったハカマ越屋根となっており、それを支える5本の方杖がなかなか良い。避暑地のバンガローのようなカントリーハウスでよほどの手練れの設計と拝見するが詳細は不明。

旧制大阪高校の生徒集会室「黎明館」を昭和35年に移築したと天理大HPにある。天理教の中山正善真柱の学んだ学校の建物であったことから譲り受けたようだ。ネット上では1923年竣工とあるが出典不明。

Img_1246 Img_1248
2024.06.16、奈良県天理市

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。