2024年5月16日 (木)

瀧尾神社のうさぴょん

軒下に隠れてこっちを見ている。動きがあって愛らしい。社殿は1839‐1840年のもので、拝殿(神楽殿に見える)の天井の龍をは京都の彫り師・九山新太郎の作品だそうだ。この兎は本殿前の唐破風の門の軒下で見つけた。

Img_0671 
2024.05.11、京都市

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。