2024年5月15日 (水)

二条城休憩所の耐震木構造

二条城休憩所が見事な耐震木構造だった。耐震木構造はトラスの下に方杖のついているのが特徴で、それがトラスの上まで続いているのは関西式だ。この工法は昭和初期には実用化されていたから、そのころの建築だろう。

トラス下の水平な小屋梁をキングポストの位置でつないでいるのを初めて見た。引っ張り材だからこれでいいのか? 木製のケーブルラックも珍しい。ハイサイド窓の付け方など、なかなかのモダニズム建築である。

Img_0705
Img_0707
Img_0736_20240515080201
2024.05.11、京都市二条城

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。