2023年7月13日 (木)

1928ビルで斜め描きスケッチの練習をした

パースの手法は画面周辺がゆがむのでスケッチ向きではない。ただし、どう描けがよいのか分からないときのヒントにはなる。そう断ったうえで二点パースの仕組みを説明して実演した。斜め描きは正面描きよりも形がよく分かるという利点もある。1時間ほど暑いなかでスケッチしたあと1928ビル地下のアンデパンダンで講評会をしながらビールで涼んだ。

230708_20230713065501
Img_6875
Img_6877
Img_68792
230708_20230713065601
2023.07.08、京都市三条通り1928ビル

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

スケッチ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。