2023年3月 5日 (日)

南円堂をスケッチした

奈良行きの特急で鈴木喜一著「まちを歩き、まちを描く」を読んでいたので鈴木風のスケッチになった。わたしが鈴木先生の色使いを初めてまねたのは2017年12月2日のスケッチ教室でだった。以来、鈴木風の色使いで5年になる。鈴木先生がご存命なら、もっと自由に描いていいよと言ってくださるだろう。

Img_53043
2023.03.05/ヴァフアール水彩紙粗目F6、デザイン鉛筆4B(ブランジール社)、固形透明水彩 /奈良市、南円堂

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。