2022年12月25日 (日)

増田清のユーゲントシュテールを見よ

顕道会館のレリーフ。同じものが正面とホール壁面にあるので型押しだろうと思う。顕道会館にはこうした左官さんの作るレリーフがたくさんあって楽しい。この花柄パターンはユーゲントシュテールだろう。岩本禄の西陣電話局(1921)に似ている。増田はけっこうロマンティックな作風だと思う。

Dscf99472Dscf99462
2011.04.25、京都市下京区、顕道会館(1923)

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。