2022年11月21日 (月)

旧小出医院(1918)

黄色い壁が美しい。軒下の壁は表面がでこぼこしたドイツ壁風に仕上げている。写真では分かりにくいが、その部分は少し赤みがかかっている。色使いがウイーン分離派風だ。玄関ポーチの柱頭の飾りも分離派風だ。当時の最新流行スタイルを理解したうえでのデザインであることが分かる。ちなみに屋根は赤が似合う。スケッチは赤い屋根にしてみた。

Img_43742
Img_4375
221119
2022.11.19、兵庫県養父市八鹿町伊佐

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。