2022年11月22日 (火)

彫刻師・中井喜一郎の作品を見た

喜一郎(昭和33年没)は中井家9代目の彫刻師だそうだ。中井家は法隆寺大工から江戸幕府の建築を取り仕切る棟梁家として知られるが、この中井家は柏原藩お抱え大工だったと「養父市を飾るまちの彫刻」にある。柏原藩とは今の兵庫県丹波市柏原で養父市と近い。

柏原中井家はもともと大工棟梁家だったが、4代目中井君音(天明7年・1787年没)から彫刻師を名乗りはじめた。大工職は親族の別の中井家が継いだというから、君音は彫刻の専門職だったのだろう。

これは諏訪立川(たてかわ)家と似ている。立川家はもとは江戸幕府系の大工棟梁家であったが、その別れの諏訪立川家のほうが有名になった。豊富な彫刻が目をひいたからだ。彫刻で有名な諏訪松本の旧開智小学校も立川家の作品である。諏訪立川家の初代・立川和四郎は1744年生まれ、1807年没という。つまり柏原の中井家4代君音と同時代人なのだ。彫刻師が大工職から分離したのは諏訪と但馬だけではなく、おそらく18世紀なかごろの全国的な動きだったのだろう。

「養父市を飾るまちの彫刻」(養父市教育委員会編2019年)
この本は養父市内のすべての神社を調査して中井家をはじめとする神社彫刻の全貌を明らかにした。見て楽しく読んでためになる本である。
https://www.city.yabu.hyogo.jp/soshiki/kyoikuiinkai/shakaikyoiku/1/2/2406.html

Img_4378
Img_43782
2022.11.19、兵庫県養父市八鹿町伊佐、船山神社

|

建築研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。