2022年9月17日 (土)

元散髪屋さん

芋松湯のあたりだったと思うが場所を覚えていない。5年も前の写真なので今もあるかないかも分からない。ドイツ壁風のスタッコ仕上げで腰壁は清潔な白タイルを貼りまわしている。菱形の模様タイルの帯がすかしている。窓はなぜか一枚ものの型ガラスで、その前に鉄パイプの手すりを2本渡してあるのもかっこいい。

Img_19472
2022.09.17、京都市右京区壬生

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。