2022年9月24日 (土)

四条通りの木造洋館

背の高い洋館のプロポーションに縦長の窓がよく似合っている。元は下見板張りだったように見える。典型的な木造洋館で端正な美しさがある。

改装されてはいるがほぼ原形を残している。このあたりの四条通り拡幅は昭和に入ってからだったと思うが、見かけは大正期なので拡幅以前の建てものなのかも知れない。

Img_1955
2018.02.15、京都市中京区壬生。四条松本電機

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。