2022年8月27日 (土)

永平寺大工の木彫を見よ

全山こうした楽しい木彫にあふれていて見飽きない。いずれも永平寺大工の作品である。コモの工匠がフィレンツェの花の大聖堂を作ったように永平寺大工は永平寺伽藍の荘厳を作り続けたのだろう。

ここにあげたのは扉のパネル(鏡板)の模様彫り。1枚目の網代風のものは初めて見た。2枚目は飛騨高山の千光寺のもの(3枚目)と作りかたがよく似ている。というより同じだろう。実は永平寺から高山までは高速で2時間ほどで行ける。永平寺大工は飛騨の匠の系統なのではないか。

Img_3836
Img_3816
2022.08.23、福井県、永平寺
Img_1542_20220827054201
2021.08.19、岐阜県高山市、千光寺

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。