2022年8月26日 (金)

永平寺法堂に和風照明があった

古い照明器具が残っていた。武田が永平寺に入ったのが昭和初期なのでそのころのものだと思う。武田設計の建物が一棟あるが、そのために赴いたのではなかろう。永平寺の文化財修理の過程でなにか問題があって呼ばれたのだと思う。そのうち調べてみたい。

各堂内には戦前の和風照明や天井付けサーキュレーター(扇風機)などが残っていた。こういった設備系にも武田は関わったのではないかと思わせるデザインだ。ほかに要所に防火扉が設置されている。全山的に防火体制の構築にも武田は関係しているのかも知れない。

Img_3832
Img_3833
Img_3838
2022.08.23、福井県永平寺町、永平寺

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。