2022年6月13日 (月)

赤い庭の謎

孤篷庵(こうほうあん)の庭がなぜ赤いのか分かったのでメモしておく。

図のように赤い庭は方丈側と書院側に分かれている。それぞれ意味があると考えるべきだろう。意味が分かったのは方丈側の長方形の庭のほうだ。これは五行で考えるのが常套だろう。方丈前の禅庭は五行で読むことが多いように思う。

北条は釈迦如来を祀った本堂である。その南側に小堀家の墓地がある。ここは小堀家の菩提寺として遠州のよって作られたのだ。その墓地の前に赤い庭が横たわっている。庭は墓地とセットになっている。

赤は五行説で言えば火気に当たる。火気には土気を生む力と金気を殺す力のふたつの働きがある。すなわち火気を供えるとすれば土気の神さまを喜ばせるか、金気を殺して木気を援けるかのどちらかだ。

この場合は金気を殺すほうだろう。金気には木気を殺す力があるので、金気を殺しておけば木気が喜ぶわけだ。

木気は春を象徴する。生命誕生を象徴する気である。この場合は小堀家の子孫繁栄を願ったものだろう。

遠州の略歴を見ておく。

小堀家は豊臣家の寵臣でありながら関ケ原では徳川方についた。戦功に応じて小堀家は備中松山領を拝領した(1600)。父親の跡をついで大名になったのが1604年。そのころには古田織部の高弟のひとりとして知られていた。1615年大阪夏の陣で織部は豊臣方として捕縛され切腹。このときが小堀家の最大の危機だったろう。

遠州は畿内に呼び戻され徳川方の行政官として手腕を振るい1624年には伏見奉行となった。二条城や水口など彼の主要な作庭はこの時期に集中する。1643年、孤篷庵を菩提寺として整備。1645年ごろ公金横領の嫌疑がかかるが酒井忠勝や細川忠興らの茶道遠州流を遺すべしという工作によって助かる。1647年69才で死没、孤篷庵に葬られる。

小堀家は豊臣から徳川へと綱渡り的な処世のみちをたどった。遠州自身、何度も切腹の危機を乗り越えてきた。遠州は自分が死んだあと、これ見よがしに小堀家がつぶされることを予見したのだと思う。だから遠州流を茶道として確立させることに心をくだいた。それと同時に菩提寺には子孫繁栄の願いをこめて赤土の庭を作ったわけだ。

庭の東の隅に小さな木立がある。樹齢数百年でありながら高さが2メートルくらいしかない。底に岩が敷いてあって大きくならないようコントロールしているそうだ。直植えの盆栽といってよいだろう。東側は木気の領域なのでこの盆栽は木気を象徴している。ここを見ても赤土の庭が金気を殺して木気を援ける意味であることは瞭然だろう。以上、現時点での推理をメモしておいた。
Photo_20220613083801

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。