2022年6月24日 (金)

奈良女子大記念館のディテール(8)

講堂正面にギリシャ神殿風の門構えがある。おそらく天皇陛下のご真影を掲げる場所なのだろう。白い壁にブラウンの色使いが唐突な感じがする。意匠もよくできた新古典主義でこれまで見てきたディテールと違和感がある。よく見ると白い柱頭飾りの横に三角形の模様がある。その角度がギリシャ神殿風の破風の角度と異なる。この門構えは当初にはなかったのだと思う。残っている図面や竣工当初の写真を見れば確かめられると思うが公開されていなかった。せっかく改修したのだから山本治兵衛のデザインについてもう少し説明がほしい。

Img_2983
Img_2985
2022.05.04、奈良女子大記念館

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。