2022年6月30日 (木)

旧乾邸のディテール(3)

回廊部分はヴォールト天井(かまぼこ天井)になっている。そこにガラスブロックのトップライトがあり柔らかい光が下りていた。円形ガラスブロックの配置が模様になっていて楽し気である。このガラスブロックが乾邸を訪れて思っていたよりモダンだと感じた最初だった。

ガラスブロックの枠が陶器製なのは珍しい。近代的なガラスブロックを中世風のタイル天井となじませるための工夫なのだろう。芸が細かい。

Img_3231
Img_3232
2022.05.19、神戸市東灘区住吉

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。