2022年6月14日 (火)

奈良女子大記念館のディテール(3)

透かし彫りの換気口は建物のなかにもあった。いずれもぎりぎりまで切り込みを入れている。そのおかげで図案がはっきり見えて楽し気な趣きをかもしだしている。

講堂天井のシャンデリアまわりの八芒星は玄関ポーチ天井の星型飾りのバリエーションなので同じ人物が考えたのだろう。透かし彫りは玄関ポーチのものだけ異質なので、これは山本以外の人物の手になるように見える。再掲しておくので見比べてほしい。誰の手になるか分からないが、ひょっとして武田かもしれん。

Img_2972
Img_2981
Img_2963_20220614100401
2022.05.04、奈良女子大記念館

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。