2022年5月16日 (月)

丘陵上道路の「いちき橋」

常滑は明治期に登り窯が増えたことから丘陵地帯の斜面に町ができた。おもしろいのは丘陵の一番高いところに道路ができたことだ。こうした道路をわたしは他で見たことがない。常滑独特の工夫だと思う。丘陵地帯の上で成形して登り窯で焼いて下から出荷したのかも知れない。

現在、丘陵上道路には橋がふたつある。ひとつがこの「いちき橋」だ。この橋は橋の下の切通し道路をつくる際に設けられたそうだ。アーチが斜めにかかっているので動きのあるダイナミックな美しさがある。いい橋である。

Img_2886_20220516062501
2022.04.23、常滑市「いちき橋」

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。