2022年5月24日 (火)

理想的な建築・聖ヨハネ教会(6)

聖ヨハネ教会の2階部分の軸組を描いてみた。

聖ヨハネは同じかたちのクイーンポストトラスをタテヨコに並べて作られている。トラスがみんな一緒というのが聖ヨハネの特徴であって、そのことが礼拝堂のシンプルな美しさの原因となっている。

大きなステンドグラスが3ヶ所にあるが、それもみな同型である。同型のクイーンポストのなかにはめ込まれているのでこうなる。普通なら大窓のある外壁部分はレンガ積みとする。

もしそうなっていれば、内部から見たときの統一感が薄れてしまったろう。全部木造でつくるという聖ヨハネ選択が聖ヨハネのシンプルな美しさを際立たせているのだ。さすがガーディナーである。

220523_20220524082401

|

理想の建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。