2022年3月 9日 (水)

日本キリスト教団神戸東部教会

きれいに改修してお使いになっている。詳細不明だが、わたしには1950年代の建物に見える。八角形平面の鐘楼を四角形平面の塔の上に据えたのがうまい。こうすることで構造が明確になり、さらに効果的な防水を施すことができる。塔から左右に大屋根が下がるシルエットも美しい。
Img_66452
2016.02.29、神戸市中央区

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。