2021年12月21日 (火)

養父駅出札カウンターの棚受け金物がとてもよい

ひさしぶりに養父駅で降りた。カウンターの鋳物製の棚受け金物がとてもよい。明治41年竣工当時のものに見える。ただしよく見ると腰壁の板張りの上に取り付けられているので大正期に入っているかもしれない。八芒星を中心とした唐草模様だが、どことなく和風に見えるのがおもしろい。既製品だと思う。

Img_2319
Img_2320
2021.12.11、兵庫県養父市、養父駅(明治41年)

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。