2021年8月11日 (水)

姫路城の出格子

姫路城の正面に大きな唐破風がある。その下が格子になっている。京町家の虫籠窓のでかいもので、それを内側を覗いてみた。ご覧のように漆喰塗りの格子の断面が内側に開いているので、この格子は鉄砲狭間であることが分かる。鉄砲狭間だとしては大きすぎるので、これは光や風を室内へ呼び込むためのものだろう。この出格子のおかげで2階は明るい広間となっている。ここが総司令部なのだろうと思う。

Img_1392
2021.07.23、姫路城

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。