2021年8月27日 (金)

湯之島館・娯楽棟がすごすぎる(5)

会議室の先に八角形の展望室がある。ガラス屋根なのでサンルームという趣だ。部屋全体が竣工当時のまま残っているのがとてもいい。

窓下は白い陶器質タイル貼りなので清潔感がある。日光浴が科学的な健康法として昭和初期にサンルームが流行した。白タイルには衛生的で健康的なというイメージがあったのだろう。

床は小幅のフローリングの模様貼りだ。色目が暗いので白タイルとの対比で落ち着いた雰囲気を作り出している。うまいと思う。

家具もそのままなのかも知れない。丸テーブルの足元はおそらくアールデコ模様のラグが敷かれていただろう。その上の照明器具は真鍮製の金具に板ガラスを吊り込んだモダニズムである。

Img_1630
ガラス天井の温室のようなサンルーム
Img_1635
小幅のフローリングの模様貼り
Img_1636
モダンな照明器具
Img_1633
タイルを不揃いにしたのは意識してそうしたと思う。そのほうが表情にゆらぎができて温かいデザインとなろう。

2021.08.20、岐阜県下呂温泉

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。