2021年8月24日 (火)

湯之島館・娯楽棟がすごすぎる(2)

西棟前の展望テラスに足湯があった。なかんか気持ちがよい。元はテラス外の噴水だったようだが、手すりを外して足湯にしたようだ。粋なはからいである。噴水そのものは竣工当時のままだ。

おもしろいのは足湯の横に滑り台の跡があること。2階分ほど下るアトラクションだ。最初これがなにか分からなかったが、設計者の丹羽英二のパースを見て滑り台だと分かった。楽しそうな設計でとてもよい。パースは本館の階段ホールに展示されているので見るといいよ。

テラス床はモザイクタイルの幾何学模様貼りだ。すっきりとしたアールデコである。ちなみにアールデコとは1925年にパリで開かれたアールデコ博覧会(芸術装飾博覧会)で一世を風靡した幾何学的なデザインスタイルをいう。アールデコは100年経ってもおもしろい。

Img_1614
噴水を改造した足湯
Img_1610
床のモザイクタイル
Img_1619
西棟は外装を板張りとして山小屋風に見せている。右側2階に八角形の展望台が見える。

2021.08.20、岐阜県下呂温泉

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。