2021年8月26日 (木)

湯之島館・娯楽棟がすごすぎる(4)

少し歩けば様々な素晴らしいディテールを見ることができるので、なかなか前に進めない。5ミリずつディテールが展開する感じだ。探せばもっとあるだろう。いつまで居ても見飽きない。

1 ステンドグラス アールデコ模様を色付き型ガラスで仕上げている。型ガラスはダイヤモンドパターンが多い。型ガラスは光を拡散させるのでステンドグラス全体が光って見えておもしろい。

2 階段上の照明吊元 たいがい左官仕事なのだが、これは木彫かもしれない。細かい幾何学模様がいかにもアールデコだ。

3 絵の具を流したマーブル紙だと思う。これを太鼓貼りにしている。太鼓貼りはフスマのように紙の裏側を浮かした張り方だ。湿気による伸び縮みを吸収してしわが寄らない。茶室などの数寄屋建築で使う手法である。

Img_1624
会議室入口ステンドグラス
Img_16252
階段室照明取り付け部分
Img_1626
マーブル紙のたいこ貼り

2021.08.20、岐阜県下呂温泉

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。