2021年8月25日 (水)

湯之島館・娯楽棟がすごすぎる(3)

西棟の2階の会議室は元はラウンジだったのだろう。右側の窓からは下呂の町が一望できる。左の窓からはよく手入れされた樹林を眺めることができる。落ち着いたとてもよい部屋だ。

奥のドアの右は八角形展望室、左は小図書室になっていた。

梁を見せるデザインはスイスの山小屋風だ。梁下にシンプルな彫りこみ模様がついていた。こうするだけで華やかさが増す。細かいところを見過ごしにしない丁寧な設計だ。

ホワイトボードで隠れているがライト風の暖炉型装飾があった。なかなか力の入ったデザインでおもしろい。

これはほかの部屋では見たことがなかった。2棟の洋館のなかでこの部屋は特別なのだろう。おそらく湯之島館はリゾートホテルとして構想されているが、長期滞在する宿泊客のための居場所としてこの部屋は設計されているのだろう。

Img_1623
西菅2階のラウンジ
Img_1627
梁の彫刻彩色模様
Img_1628
正面のライト風暖炉型装飾

2021.08.20、岐阜県下呂温泉

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。