2021年7月20日 (火)

ステンドグラスのモニュメントがきれいだった

曇り空であったが、それでも精一杯に陽を浴びて輝いていた。60年代に使われたような厚みのあるステンドグラスを鉄骨に上手にはめこんでいる。炎天下の熱膨張による鉄骨のひずみをどこで吸収しているのだろうか。見えないところで工夫なさっているのだろう。天気の良い日にまた撮りたい。

Img_1322
2021.07.01、京都市中京区、御池中学校前

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。