2021年7月11日 (日)

渡月橋の橋脚が鉄だった件

ずっとコンクリートだと思っていたが、よく見ると鋼鉄製の丸パイプだった。柱頭部分にボルトが取り付けられるようになっているので分かった。橋桁は鉄筋コンクリートに見えるからアンカーボルトの逆さ打ちなのかも知れない。見た目が純和風で嵐山の景色とあまりにもなじんでいるので見過ごしていたが、鉄骨と鉄筋コンクリートのハイブリッドによる近代和風橋梁の秀作としてもっと評価されてよいと思う。

Img_1253
2021.06.27、京都市嵐山
12040501
2012.04.05
Img_1252
2021.06.27




|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。