2021年5月 6日 (木)

常滑時間旅行09、メソポタミヤの粘土釘を見た

世界のタイルミュージアムでもっとも驚いたのがこれ。写真の左側は断面の接写で右側に部屋の奥の壁が映っている。円錐形のタイルで頭に釉薬で色がついている。口紅かクレヨンのような感じのものでこれを土壁に挿し込んで奥の壁のような模様を作る。こんなものがあったとは知らなかった。なかなかおもしろい。部屋の壁は湾曲しているので幾何学模様を作るのは難しかろう。

Img_0700
2021.04.20、愛知県常滑市、イナックスライブミュージアム

|

たぬきのまちさがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。