2021年2月28日 (日)

塩屋めぐり(6)塩屋4丁目の細い家

ここは道路を拡幅したときに農地が売却されて宅地になったのだろう。変形プランでありながら無理のない構造となっているのがすごい。相当の技量であるのは間違いない。昨日ご紹介した(5)は昭和初期から戦後直後のものに見えるが、これは少し遅れて高度成長期のものだろう。昭和初期から高度成長期まで木造文化の黄金期は続いていたことが分かる。

Img_0284
2021.02.21、神戸市垂水区塩屋

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。