2021年2月10日 (水)

武田的ディテール(9)家具


とてもかわいい。シンプルでドッシリしていて座り心地がよさそうだ。丁寧に使い込まれた親しみやすさがある。ひょっとすると栄光館より古いイスかもしれない。でも武田っぽいディテールがある。

 

ひとつは同志社のマークに通じる三ツ輪の透かし彫りがあること。武田の家具にはなんらかのマークを浮き彫りにしたり透かし彫りにすることが多い。そういうものを入れたくなるのだろう。

 

もうひとつは方眼紙で考えているように見えるところだ。しかも背の大きさは4対6になっている。2対3の比率は武田の多用するところでもある。だからこの家具は武田のデザインだとわたしは思う。

Img_9518  
2020.12.09、同志社女子大「栄光館」

Img_5409 
2015.10.21、同志社女子大「栄光館」
Img_0142

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。