2021年1月10日 (日)

真夜中の近代建築(5)京都ダイヤビル

三大事業によって出現した大通りの交差点・四条烏丸にはまず三井銀行京都支店が鎮座した。それは大正天皇の即位の大礼に合わせて竣工し行幸通りである烏丸通りに華を添えた。

さらに10年ほど後の大正14年にこの京都ダイヤビルの前身・三菱銀行京都支店は竣工し、即位の大礼に向かう昭和天皇の御料馬車を出迎えたのだった。

この10年のあいだに近代建築の流行は様変わりした。世紀末ゼツェッシオンの脱様式スタイルから、純然たる古典主義建築に主流は移る。日本では様式の進化が西欧と逆なのだ。この交差点に残されたふたつのオブジェを見ればそれがよく分かる。

Img_9311
2020.11.11、京都市下京区

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。