2021年1月 7日 (木)

真夜中の近代建築(3)京都文化博物館

旧日銀が三条通りに残っているのは古代史学者・角田文衛(つのだぶんえい)のおかげだ。日銀が引っ越すときに彼が声をあげて資金を集め建物を買い取り私設の博物館とした。この建物を解説するときには必ず角田のことを話す。近代建物は偶然残ることはない。見えないところで建物を守る人が必ずいる。

Img_9309
2020.11.11、京都市中京区

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。