2020年11月21日 (土)

【色と五行説6】なぜ神使いは白いのか

いなばの色ウサギがそうだが神の使いは白いのが定番だ。なぜ白いのか。それは九星図において天が六白金星であるからだろう。天神は数字では6、色なら白で示されるのである。

ちなみに金星とは金気の意味だ。五行説では金気の色は白なので天神が白いことは五行説、九星図とも共通している。陰陽で見ても黒が大地、白が天だ。五行説と九星図の色は必ずしも一致していないので、陰陽、五行、九星のいずれも天が必ず白いのは稀有なことだ。それほど白は天にふさわしい色だということだろう。わたしは昼間の太陽が白く見えることからそうなっていると思っている。

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。