2020年11月26日 (木)

川のある風景をスケッチした

八木には八木川が流れている。川の名前は下流から船に乗って行きつく場所を示す。円山川の八鹿から分岐した八木川は八木へ至る水路なわけだ。八木からさらに上流も八木川だがそれは八木から上流には川の名前となるような水運の拠点はなかったことを示しているのだろう。

スケッチは橋の上からした。川風が冷たかったが浅い川の流れの音が気持ちよかった。絵を描いている最中の気持ちよさこそスケッチの醍醐味である。

201121_20201126065901

2020.11.21/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.5、固形透明水彩/養父市八木

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。