2020年9月17日 (木)

水気の山なみ

山はかたちによって5つの気に分類される。屏風のように立ちはだかり上端が波型になるのは「水気」の山だ。風水地理の本にはたいていその形が図入りで説明されている(下図)。

写真はJR長岡京駅前の再開発ビル6階から北方を撮ったもの。見事な水気の山である。JR京都線は長岡京の朱雀大路の上を走っているので、この水気の山は長岡京の真北に当たる。つまり四神相応の北方守護「玄武」がこれに当たるとみてよい。

四神はもともと山が当てられた。それを川やら道やらに当てたのは鎌倉時代以降だった。そのことは黄永融が「風水都市」(学芸出版社1999)で明らかにした。たとえば平安京の青龍を鴨川に当てたと説明されてきたがそれは鎌倉時代以降の仮説であって、奈良時代においては四神は山であったとした。

このことは学会からは無視されている。しかし古代の風水土木官僚が山を見て都の敷地選定をしたことは間違いないなかろうと私は思う。長岡京の真北にこれほど見事な水気の山なみがあることも四神が山であったことの傍証のひとつになろう。

ではほかの三神に相当する山波もあるのか。これほど明瞭ではないけれど、どれを当てたのかくらいは私にも分かる。それはまた別の機会に。

Img_8728
JR長岡京駅前バンビオ2番館6Fより北を望む
Img_87282
ピークが7つある
Img_8743
呉明初「地理不求人」(E・アイテル「風水、欲望のランドスケープ」青土社1999所収)

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。