2020年8月 6日 (木)

【タイル大好き 94】大型施釉陶板

緑釉がところどころ青く窯変しているのが美しい。幅は30センチくらいあり厚みは3センチほど。厚みがあるので中はくりぬかれているのだろう。それにしても、これほど大型の陶板はあまり見たことがない。中央がへこんでおもしろい形になっている。京都でも逸品のタイルである。

Img_5101
2015.09.19、京都市中京区、額縁のヤマモト

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。